ダイエットしたら、肌がカサカサに!?

 

ダイエットをしたおかげで、体重が減ってスタイルがスッキリしたのに、肌がカサカサ。、化粧のノリが最悪などと感じたことはありませんか。

 

肌が乾燥する原因には、季節や加齢、紫外線などさまざまな要因がありますが、極端なダイエットも原因の一つになります。

 

ダイエットで肌が乾燥肌にならないようにするためには、どのような対策をとったら良いのでしょうか。

 

 

なぜダイエットで肌が乾燥するの?

 

極端な食事制限をしてダイエットしていると肌をつくる栄養まで不足してしまい美しい肌になることができません。

 

もし、ダイエットを始めて、急激に体重が落ち、肌がカサカサになってしまうようならば、栄養不足に陥っている可能性が高いです。肌は細胞の一つで常に新しい細胞に生まれ変わっています。その際に栄養不足であれば、美しい肌をつくることができないのは当然です。

 

また、乾燥肌の原因の一つにストレスがあります。極端なダイエットは、かなりのストレスがかかっていると思って間違いはないでしょう。そのためそのストレスが乾燥肌にさせてしまうのです。

 

 

乾燥肌にならないために必要な栄養素はしっかりととろう

 

美肌を作るために必要な栄養素はダイエット中でもしっかりととるようにしましょう。

 

 

タンパク質

細胞を作るために、タンパク質は不可欠です。筋肉や血管、肌のためにもしっかりとタンパク質をとるようにしましょう。いくら体重が減ったとしても、ボロボロのお肌になってしまったら何のためのダイエットなのかわからなくなってしまいます。

 

 

亜鉛

肌がターンオーバーするために必要な栄養素が亜鉛です。肌だけでなくツヤツヤな美しい髪のためにも亜鉛は重要な栄養素です。人間の体内では作り出すことができないので、不足しないように注意してください。

 

牡蠣や帆立、ウナギといった魚介類の他にも、豚のレバーや肉、納豆などに含まれています。積極的にとるようにしてください。

 

 

男性と比べると、女性は毎月の月経のために鉄分が不足しがちになりやすいです。鉄分が不足すると貧血になりやすく血行不良になってしまい顔色が悪い、肌がくすむ、肌荒れといったトラブルがおきてしまいます。

 

豚、牛、鶏のレバー、カツオやイワシといった魚などに多く含まれているヘム鉄は、動物性なので体への吸収率が高くおすすめです。どうしてもレバーなどが苦手といった方は、サプリメントを使って補いましょう。一度鉄分不足になってしまうと短時間で回復させるのは難しいため、毎日継続して鉄分をとるようにしてください。

 

 

ビタミンA、B、C、E

美肌のためにはビタミンも必要です。まとめて食べても尿から排出されてしまいますので、こまめに摂取するようにしてください。

 

 

 

冷えは乾燥肌の大敵

 

食べるものも大切ですが、血流が悪くなることが乾燥肌の大きな原因です。寒くなると人間の体は、内臓を守ろうとして血液を内臓に集めます。そのため体の表面や末端は冷えてしまい、乾燥肌の原因になってしまうのです。

 

これから寒くなりますが、寒いからといって動かないでいると代謝が悪くなり冷えをひどくさせてしまいます。ダイエットにとっても、乾燥肌対策のためにも運動を積極的に行い血流を良くするようにしましょう。