筋肉トレーニングはきつくてつまらない!

地味できつい筋肉トレーニングですが、ダイエットには効果的な運動です。美しいプロポーションを作るためには筋肉は必須ですし、筋肉を増やせば脂肪を燃やしやすくなります。

 

しかしいくら効果があるいっても、景色も変わらない室内で、もくもくとつらいトレーニングを毎日続けるのはつらいです。しかしつらければつらいほど効果があるのが筋肉トレーニングです。つらさを乗り越えた先には、生まれ変わった自分の肉体があります。今回はつらい筋肉トレーニングが続けられるコツをご紹介します。

 

 

筋肉トレーニングはなぜ続かないのか


数ある運動のなかでも筋肉トレーニングは最も続けにくい運動です。ウォーキングやランニングと違って風景を楽しんで気を紛らわせることはできません。また筋肉は負荷をかけたほうが増量する特徴があります。このため筋肉トレーニングを続ければ続けるほど、負荷や回数を増やし追い込みをかけます。運動に慣れて楽になるということはまずありません。

 

加えて筋肉トレーニングは結果があらわれにくいです。筋肉は脂肪よりも重いため、筋肉トレーニングで筋肉が増えるほど体重が増えます。体重計に毎日のっても痩せた実感が湧きにくいです。さらに女性は男性よりも筋肉が増えにくいため、見た目に変化が現れるのは遅いです。本当に効果が出ているのか分からず、結果が表れないうちに諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

 

ながら運動で楽しむ

筋肉トレーニングをはじめたての方は、「テレビを見ながら」「スマホを操作しながら」のながら運動で気を紛らわすのがおすすめです。集中できず効果が半減してしまうため「ながら運動」に否定するダイエットサイトは多いですが、まずは筋肉トレーニングになれることが大切です。運動のためにわざわざ時間を作るよりも、日常の生活に紛れ込ませたほうが、運動に取り組みやすくなります。

 

 

1回だけでも大喜びする


完璧にトレーニングをこなすよりも、まずは取り掛かることに意識を向けましょう。なんとなく面倒で運動したくないという日は、1回だけ行ってください。そしたら思いっきり達成感を味わいましょう。決して「出来なかった」と落ち込むのは止めてください。この1回がナイスプロポーションに繋がっていると喜びましょう。「痩せない」「しなければならない」「意味がない」となどネガティブな言葉を思い浮かべないよう意識的に脳から排除してください。

 

真面目な日本人には難しいでしょうが、騙されたと思って1ヵ月続けてみてください。1ヵ月も続ければトレーニングに慣れ「回数を増やそうかな」となんとなく思えてきます。しかしそんなときこと慎重になるべきです。「毎日スクワット300回」など現実的でない数字を目標にすることはやめましょう。5回や10回など「余裕で続けられる」と思える回数を設定してください。それをまた1ヵ月続け、だんだんと回数を増やしていきましょう。

 

 

複数の種目ではなく1つの種目に取り組む

数日おきに取り組む、上半身と下半身を満遍なく鍛える、など筋肉トレーニングの効果的な取り組み方は様々ありますが、忘れてください。取り組む前に考えることが多すぎると、脳が疲れて実際に身体を動かすことが億劫になります。それならば難しいことを考えずに、1種類のトレーニングに集中した方が続けやすいです。

 

最初のトレーニングにおすすめなのはヒップを毎日鍛えることです。ヒップを鍛えれば姿勢がよくなり、お腹も痩せやすくなります。股関節の位置も整えられるので、全身に良い影響を与えます。その他、下腹や二の腕など最も気になるところを鍛えてもよいです。