ダイエットを長期的に行うために

 

短期的に行うだけで簡単に目標体重に到達できるような方ならば、あまり苦労は少ないと思いますが、ちょっとやそっとの努力だけではなかなか理想体重に届かない方も多いのではないでしょうか。

 

几帳面な性格の方ならば、毎日の食事をきちんと管理して長期的な栄養管理もできるかもしれません。しかし、私を含めたあまり几帳面なことを続けることに自信がない方は、ダイエットのために1日に必要な運動をこなしていく方が、簡単で続けられるダイエット方だと思います。

 

 

1日にどれくらいの運動をこなすべきか

 

「1日に10㎞走ればどんなに食べてもふとらないわよ」とマラソンが趣味の友人から言われたことがありますが、普通の人で毎日10㎞余裕で走れる方はあまりいないと思います。

 

また、長くダイエットを続けていくには、毎日毎日あまり強度な運動は続けられないでしょう。適度な量でダイエットに効果がある運動量を考えてみました。

 

 

1㎏の脂肪を減らすにはどれくらいの運動量が必要か

 

脂肪のカロリーは、1gにつき9㎉です。体についている体脂肪の約2割は水分と言われていますので1㎏の体脂肪を消費しようとすると

9 × 0.8 × 1000  =  7,200㎉

ということになります。

1ヶ月で1㎏の体重を落とそうとするならば、7,200 ÷ 30 = 240㎉ です。

1ヶ月で体重を1㎏落とそうとするならば、ざっくり言うと毎日240㎉の運動量をこなせ良いということになります。

 

 

運動別消費カロリー

それでは、簡単に行える運動のカロリー消費量をあげておきましょう。

 

 

ウォーキングの消費カロリー

ウォーキングは、歩く人の体重や速度などによって微妙に変わってきますがおおよそで言うと、1時間で約150~350㎉です。

 

そのため、、1ヶ月で1㎏やせようと考えているならば、ウォーキングであれば早足で1時間歩けばOKということになるでしょう。

 

 

階段の上り下り

階段を登るとと5分で32㎉消費すると言われています。ですから階段の登りだけであれば、1日で約40分弱階段を登ると目標達成ということになります。続けて40分行わなくても1日の内にトータルしてこなせばよいのでこまめに階段を使うと良いでしょう。

 

 

家事の消費カロリー

運動だけでなく、家事もしっかりとカロリーを消費してくれます。

例えば、掃除機をかけると30分で約86㎉、風呂掃除が3約91㎉、窓ふきで約84㎉です。ですから、運動ができない日でもしっかりと家事を行うことで目標カロリーを達成できます。カロリーも消費できてお部屋もきれいになるのでおすすめです。

 

 

まとめ

 

食事制限だけでダイエットを行おうとするとストレスがたまったり、栄養不足になることがあります。
このコツコツダイエットならば、そういった心配がありません。面倒なカロリー計算も必要ないのでおすすめです。