あべこべ体操で全身をほぐそう

あべこべ体操とは、身体をあべこべに動かすことで気になる部位をほぐし柔軟性をあげる体操です。健康づくりの仕事に30年以上携わってきた北洞誠一氏が考案した体操です。テレビなどでは肩こりや腰痛解消で話題になりましたが、身体全体をほぐし血行を良くし代謝をあげる体操はダイエットにも効果的です。

デスクワーク中心で、ダイエットもしたいけど肩こりも解消したいという方におすすめです。今回はそんなあべこべ体操についてご紹介します。

あべこべ体操で痩せる理由

あべこべ体操は、全身のコリをほぐすと同時に、血行を良くし代謝を上げるダイエット方法です。身体にいつもと違う動きを加えることで、日頃使わない筋肉を使い身体のゆがみを解消できます。

そこまで派手な動きではないため、デスクワークの合間などにも取り組みやすい体操です。ダイエット効果や肩こり解消など他に、自律神経を整えることによる快眠効果なども期待できます。

 

 

あべこべ体操の方法

あべこべ体操の基本はCの動きとSの動きです。はじめにCの動きを行い、次にSの動きであべこべに動かし身体をほぐします。

背骨を柔らかくするあべこべ体操

腹筋を意識し、お腹に力を込めて行えば下腹も同時に鍛えることができます。

Cの動き

  1. 背筋を伸ばして椅子に座る
  2. 天井を見上げながら、へそを前に出すように背中を反らす
  3. へそを見下ろしながら、へそを体の内側に巻き込むように背筋を曲げる

Sの動き(あべこべ)

  1. 背筋を伸ばして椅子に座る
  2. 天井を見上げながら、へそを体の内側に巻き込むように背筋を曲げる
  3. へそを見下ろしながら、へそを前に出すように背中を反らす

腹筋を意識し、お腹に力を込めて行えばウェストラインも同時に鍛えることができます。

 

背骨を横に動かしてほぐす

Cの動き

  1. 背筋を伸ばして座る
  2. 首を右に曲げながら、お尻の右側を上げ左の脇を伸ばす
  3. 首を左に曲げながら、お尻の左側を上げ右の脇を伸ばす

Sの動き(あべこべ)

  1. 背筋を伸ばして座る
  2. 首を右に曲げながら、お尻の右側を上げ左の脇を伸ばす
  3. 首だけを左に曲げる
  4. 元の姿勢に戻る
  5. 首を左に曲げながら、お尻の左側を上げ右の脇を伸ばす
  6. 首だけを右に曲げる

 

 

胸と骨盤をほぐすあべこべ体操

Cの動き

  1. 背筋を伸ばして座る
  2. それぞれの脇腹に、両手の甲をあてる
  3. 背中を前に反らしたとき、肩甲骨を反らし肘を後ろへ
  4. 背中を丸めたとき、肩甲骨を丸め肘を前に

Sの動き(あべこべ)

  1. 背筋を伸ばして座る
  2. それぞれの脇腹に、両手の甲をあてる
  3. 背中を前に反らしたとき、肩甲骨を丸め肘を前に
  4. 背中を丸めたとき、肩甲骨を反らし肘を後ろへ

骨盤を整え、全身のゆがみを正す効果が期待できます。