疲れた日でもできる寝ながらトレーニング

仕事にプライベートと、限られた時間で生活を充実させるために私たちは常に全力です。「今日も1日頑張った、さぁ寝よう」と布団に入ったところで、今日のトレーニングを忘れていたことに気づくことも少なくありません。

ここで頑張って布団から抜け出せればよいのですが、睡眠の誘いは強力です。結局「まぁいっか」と、何もせずに寝てしまうことも多いのではないのでしょうか。

今日はそんなときに寝ながら取り組めるトレーニング方法をご紹介します。仰向けの姿勢のまま取り組めるトレーニングですので、疲れて体を動かすことも億劫なときなど試してみてください。

 

身体に負担をかけずに痩せられる足パカダイエット

足パカダイエットとは、寝ている姿勢で足を大きく開くだけのダイエット方法です。筋肉が集中している下半身を重点的に動かすことにより、脂肪の燃焼を促します。

筋肉トレーニングのように負担をかけないダイエット方法ですから、足腰が弱い人でも取り組みやすいのが特徴です。

また足パカダイエットは美容にも効果が期待できます。日頃私たちの血液は重力の影響で、足先に集まりやすいです。足パカダイエットでは、足先を浮かすことで下半身に溜まった血液を上半身に流れるように促します。血流の流れがスムーズになると、新陳代謝が活発になり美肌につながります。

足パカダイエットの方法

【ヨコパカ】

  1. 仰向けに真っすぐ寝る
  2. 地面と垂直になるように足を浮かせる
  3. 両足をできるだけ大きく開く

 

【タテパカ】

  1. 仰向けに真っすぐ寝る
  2. 地面と垂直になるように片足だけを浮かせる
  3. 反対側も同じように行う

1日にどれくらいの足パカ運動をおこなうかは、自分がどのように体を鍛えたいかで変わっていきます。有酸素運動による脂肪燃焼を優先したいのなら、呼吸に合わせて素早く足を20~30回程度開閉したほうがよいでしょう。筋肉を鍛えることを優先したいのなら、深い呼吸を意識しながら、ゆっくりと足を開閉するとよいでしょう。

 

寝ながら自重サイクリング

自重サイクリングは、足パカと同じく下半身を重点的に動かし脂肪燃焼をはかるトレーニング方法です。仰向けで寝転がり、まるでサイクリングするように足を動かすだけで、下半身を鍛えることができます。

TVを見ながらでもできるところがお手軽でよいですね

自重サイクリングの方法

  1. 仰向けで寝転がる
  2. 足が垂直になるように腰から下を持ち上げる
  3. 直角になるように膝を曲げ、自転車をこぐように足を動かす

 

寝ながら腹筋&ヒップアップ

 

寝ながら腹筋やお尻の筋肉を鍛えるトレーニングは数多くありますが、仰向けの入眠体制でもっとも取り組みやすいトレーニングがこちらです。

  1. 仰向けに寝転がる
  2. 膝をまげ足を立てる(両足は少し開く)
  3. 身体を支えるため、両手は体の横におきます
  4. 背中を浮かしお尻と腰を持ち上げる
  5. 身体を両肩と足で支える
  6. そのまま30秒キープ
  7. ゆっくりと元の姿勢に戻る