加齢や姿勢の悪さでいつの間にか太くなってしまう二の腕。
二の腕のたるみが気になると、隠す方に専念するようになりませんか?

二の腕はちょっとしたエクササイズで細くなるので隠すのではなく、ダイエットする方に専念したいですね。

ここでは、二の腕ダイエットに最適なエクササイズを3つご紹介します。

壁に腕立てで二の腕ダイエット

普通の腕立てだと少しキツいという女性でもできるのが、壁を使った腕立て伏せです。

体重をかければ、壁の腕立て伏せも二の腕ダイエットになるのと、職場のトイレなどでもできるので時間がない人でも実践できます。

  1. 肩幅くらいに開いて脇をしめながら手を壁に置きます。
  2.  腕立て伏せと同じように2~3秒かけてゆっくりと肘を曲げて顔を壁に近づけていきます。
  3. 2の状態でら5秒間ほどキープします。
  4.  ゆっくりと2~3秒かけて肘を伸ばしていき、元の姿勢に戻ります。
    これを10セット行います。

逆さま腕立てで二の腕ダイエット

普通の腕立て伏せで主に鍛えられるのは力こぶができるところあたりの内側の筋肉です。
しかし、女性がよく気にしているのは、二の腕の外側のたるみですね。
外側のたるみは、逆さまの腕立て伏せでダイエットできます。

  1. 足を伸ばして床に座ったら手の指を後方に向けた状態で後手でをつきます。
  2. お尻を上げて腕立て伏せの反対の姿勢になったら、ゆっくりと肘を曲げていき、曲げきったところで5秒ほど静止します。肘は外側に向かないように後ろ側に意識して曲げましょう。
  3. ゆっくりと元の状態に戻ったら2〜3を10セット行います。

これは、背筋も鍛えられるので二の腕から背中のダイエットになります。

後ろでねじって二の腕ダイエット

二の腕部分に凝りが生じて太くなっている女性が多いです。
パソコンやスマートフォンの操作は腕から二の腕が凝りやすくなります。
また、家事も二の腕が凝りやすい動作が多いです。

後ろで腕をねじって行う二の腕ダイエットは、二の腕の凝りをほぐしながらダイエットできるエクササイズです。

  1. 足を肩幅程度に開いてまっすぐに立ちます。
  2.  肘を伸ばした状態で腕を後ろに上げて行きます。
  3. ゆっくりを息を吸いながら、手の平を外側に向けて5秒ほど静止します。
  4. 息をゆっくり吐きながら、手の平を内側に向けて5秒ほど静止します。これを10セット行いましょう。

まとめ

二の腕がたるんだり太っているだけで、後ろ姿が太って見えたり老けて見えてしまいます。
ノースリーブや半袖、水着などを美しく着こなせるように、今からしっかり二の腕ダイエットに取り組んでおきましょう。