仕事に家事に学業にと、毎日忙しい日々を送っているとダイエットのために時間を作るのも大変ですよね。
本当なら、筋トレやエクササイズなどをやった方が痩せられるのに、時間がないからと言ってダイエットをあきらめてませんか?

ダイエットは何かをしながらでもできます。
寝ながらでも家事をしながらでもデスクワークをしながらでも、その気になればダイエットできるのです。

ここでは、下半身に効く「ながらダイエット方法」を3つご紹介します。

寝ながら骨盤調整ダイエット

ゴロゴロ寝ながらのお休みタイムでも骨盤調整でダイエットできる方法があります。

まず、バスタオル2枚を重ねてふたつに折ったら巻いて筒状にします。
筒がほどけないようにするために紐でくくって固定しましょう。

タオルで作った骨盤枕を腰のところに置いて上から寝転びます。

足をまっすぐに伸ばして左右の親指同士をくっつけて、かかとは床につけておきます。

手を上に伸ばしてバンザイの姿勢を取ったら五分ほどキープします。
これだけで骨盤の位置が調整されるので、下半身のむくみなどが取れて下半身太りを予防できます。

椅子に座りながら太もも痩せダイエット

デスクワークが多いと運動不足で太りやすくなりますが、デスクワークをしながらの運動でしっかり下半身を鍛えられるので是非やってみてくださいね!

1. 膝が90度になる高さで足の裏を床につけた状態で椅子に座ります。

2. できるだけ浅く腰をかけて顎を引いて背筋を伸ばしましょう。

3. 電話帳程度の厚さの書籍などを膝と膝の間に挟んで落ちないように力を入れます。

4. このまま足が疲れたと感じるまでデスクワークを続けてみましょう。

このダイエット方法では、普段は鍛えにくい太ももの内側の筋肉が鍛えられて下半身から代謝を上げられるのでダイエットになります。

家事をしながら腹筋ダイエット

家事をしながらできる腹筋引き締めダイエット方法もあります。

今回は洗濯を干しながらできるエクササイズです。

1. 洗濯機で洗ってたたんだ洗濯物をカゴに入れたら、そのカゴを洗濯を干す場所の反対側におきます。つまり、自分の体の真後ろに置くのですね。

2. 一度自然な姿勢で背筋を伸ばして立ったら右か左のどちらかの足を少し前に出して、くるっと体をひねって洗濯物を一枚取ります。

3. 背筋が曲がらないように注意しながら、取った洗濯物を干します。

4. 次の洗濯物を取るときは反対の足を前に出して、さっきとは反対方向に体をひねります。

5. 3と同じように背筋が曲がらないように注意しながら洗濯物を干します。

たったこれだけのことですが体をひねることで腹筋の引き締めになります。

まとめ

このやうに、隙間時間を作るのも難しい人は、寝ている時やデスクワークの時、洗濯をしている時にでもできる「ながらダイエット」を積み重ねて、下半身を引き締めていけるといいですね。