PC太りは姿勢の見直しで解消しよう

PCやスマホが原因の肩こりに悩まされていませんか。

現代人にとってかかせないPCやスマホ。これらのおかげで生活は一気に便利になりました。

しかしそれに伴い多くの人が頭を悩ませるようになりました。特にデスクワークの人は、身体を動かす機会も減り、むくみや下半身太りに悩んでいるのではないでしょうか。

デスクワークでもダイエットに成功したいのなら、まずは仕事中の姿勢から見直すようにしましょう。正しい姿勢でPCやスマホに向き合えるようになると、肩こりも改善します。

間違ってない?正しいあごの引きかた

スマホやPCの姿勢でゆがみがちなのが、首の姿勢です。顎を突き出し、頭が前に出っ張っていませんか。

身体は常に頭を支えています。顎を突き出し、首を前に伸ばしてしまうと、頭を支える体の負担は増えます。その負担は首や肩にまでおよび、肩こりの原因となるのです。

首や肩の負担を減らすためには、あごを引くことが大切です。

あごをひくことで、身体の上に正しく頭が載るようになると、肩こりが軽減するだけではなく、頭を支える顔回りの筋肉が正しくはたらき顔痩せの効果もあります。

しかし多くの人のあごの引きかたは間違っています。

あごを引くとき、下を向いて二重顎が出てしまうぐらいあごを首に近付けてしまっていませんか。これは間違ったあごの引きかたです。

正しいあごの引きかたは

  1. 天井(真上)を見上げる
  2. 首の位置をずらさないように前を向く

上記のように首を動かすと、自然な体制であごをひくことができます。

首が伸びているなと思ったら、この方法であごを正しい位置に戻すようにしましょう。

 

巻き肩を治したいなら肩甲骨と背中の筋肉を意識しよう

猫背と同様に肩こりの原因となるのが「巻き肩」です。両肩が前に出て、肩甲骨周辺が丸まってしまう姿勢を指します。

巻き肩を治そうとすると、多くの人は肩甲骨に力を込め、むりやり背筋を伸ばそうとします。しかし肩甲骨に力を込め続けることは難しく、すぐに両肩は前方に戻ってしまいます。

肩は上半身の筋肉と連動しています。巻き肩を治したいのなら、まずはお腹に力を込めて腹筋を引き締めましょう。そして肩甲骨と背中の間の筋肉に力を込めます。肩甲骨に力をこめなくても、自然と肩が後ろに下がるはずです。

あとは仕事中でもこの姿勢が維持できるように気を配りましょう。

 

足痩せを狙うのなら足の間に紙をはさもう

デスクワークで心配なのは下半身太りです。常に座り続けるため、足の筋肉が弱りむくみがちになります。

足を細くしたいのならば、まずは内股の姿勢を見直しましょう。内股は、内転筋を弱らせ太ももの内側を太くします。両足の甲を八の字にし、足先が外側を向くように意識しましょう。

さらに足痩せを狙うのなら、両足の甲の八の字を意識したまま、両膝をくっつけるように座ってください。うっかりすると足が開いてしまう人は、ひざの間に紙やハンカチを挟み、落とさないように座り続けてください。

正しい姿勢でも同じ姿勢を続けていれば負担を感じてしまいます。休憩時間をこまめにとり、ストレッチで体をほぐしましょう。