短期間で食事制限なしでやせるには水泳が効果大

 

だんだんと寒さが気になる季節になってきました。秋から冬にかけては実りの秋でもあることやたくさんの行事に合わせたパーティーなどで食事制限が難しい季節です。かと言って、お腹ポッコリのたるんだ体だとドレスを着ても映えませんよね。昨年買ったドレスが入らないということもあるかもしれません。

 

そんな時には、水泳ダイエットを行い、短期間で美ボディを手に入れてしまいましょう。しかもこの季節の最大の楽しみである食事も思う存分楽しみたいとなれば、水泳が一番です。

 

水泳ならばひざや腰に負担がかからない


 
気温が寒くなると筋肉が固くなってしまいます。その状態で準備運動をしっかりとしないと筋肉の線維が断裂してケガをする危険性があります。ダイエットをして美しく変身し、クリスマスに備えようと思っていたのに、ケガで行けなくなってしまったなんてことになったら本末転倒です。

 

その点、水泳ならばこの季節は温水プールを利用するため、寒さによるケガのリスクは少ないですし、また水の浮力のおかげでひざや腰にも負担がかかりません。

 

水泳ダイエットの効果

 

水の中は水圧がかかるので、少しの運動でもかなりのエネルギーを使います。たとえば女性が1時間クロールをすると約1000キロカロリー消費すると言われています。平泳ぎだと約600キロカロリーで水中ウォーキングでも約360キロカロリーのエネルギーを使うと考えられています。

 

陸上のウォーキングの消費カロリーは、普通の速度では約80~100キロカロリー、早足だと約130~160キロカロリーと言われているので水中運動のカロリー消費量の多さがわかると思います。

 

また、水圧がかかるために血液の流れが良くなり新陳代謝が上がる効果も期待できます。

 

水泳ダイエットの効果を高めるために

 

水泳ダイエットを行い短期間で効果的にやせるには、やはり毎日行うことをおすすめします。しかし、なかなか現実的には難しいと思いますので、週3、4日を目指して頑張ってみましょう。今はスリムで美しいダレノガレ明美さんも、この水泳ダイエットで激太りを解消したというのですから試してみる価値はありますね。

 

温水プールならば、天候に左右されずに行うことができますし、水着になった自分の姿を鏡で見ることでダイエットへのモチベーションも上がると思います。

 

まとめ

 

短期間で効果を高めるためには水泳ダイエットは最適です。もちろん短期間でなくても良い、ゆるやかにダイエットをしたいという方は、週1でも構いません。成功させるには継続させることです。また、水泳ダイエットをする際には、準備運動をしっかりとおこない水分補給をすることも忘れないでくださいね。