ダイエットで一番重要な考え方

置き換えダイエット・エクササイズ・マッサージと様々なダイエット方法がありますが、ダイエットの方法にこだわり過ぎて肝心のダイエットの基本を忘れていませんか。

痩せるためには消費カロリーと摂取カロリーを自分でコントロールする必用があります。改めてダイエットをはじめる前に、カロリーコントロールについて考えてみましょう。

 

知っておくべき3つのカロリー

1日の摂取カロリーより消費カロリーが大きければ脂肪が燃焼され痩せることができます。つまりダイエット前に3つのカロリー情報を知る必要があるのです。

・1日の基礎代謝カロリー
・1日の摂取カロリー
・運動による消費カロリー

 

1日の基礎代謝カロリー

人間は生きているだけてカロリーを消費します。人によって性別も体形も代謝量も違いますから、はっきりとした数値は分かりませんが、それでもなんとなくこれぐらいかな、という数値を計算することができます。

【 9.247×体重kg+3.098.33×年齢+447.593 】を計算して、算出することができます。
計算が面倒だという人は、下記リンクから算出することをお勧めします。

 

高精度計算サイト 基礎代謝量

基礎代謝計算ツール

 

1日の摂取カロリー

こちらは人によって違いますので、食べた物のカロリーを計算するしかありません。
どれだけ食べたか知るにはレコーディングダイエットが効果的です。いちいち調べるのが面倒という人は、アプリを利用すればいつでもどこでも摂取カロリーを記録に残すことができます。

 

ダイエット・体重管理アプリなら【楽々カロリー】
GooglePlay
AppStore

 

 

運動による消費カロリー

下記のページで運動による消費カロリーを簡単に調べることができます

ダイエットピンキー運動消費カロリー計算

これら3つのカロリーを管理し、【基礎代謝カロリー+運動カロリー>摂取カロリー】を守ることができれば脂肪は自然と燃焼されていきます。

しかし計算をして気づいた人もいるかもしれませんが、運動して消費されるカロリーはとても少ないです。

・20代後半女性の30分ウォーキングでの消費カロリーは54.4 kcal
・おにぎり一個(170g)のカロリーは286kcal

30分歩いてもおにぎり一個分にもなりません。単純に体重を落とすだけなら、運動をするよりも食べるのを我慢したほうが効果があることが分かります。それでは私たちは何のために運動をするのでしょうか。

 

運動は何のため?

運動はダイエットでいえば、あくまで「サポート」的な役割です。体重を落とすというよりは、体を引き締めるために行うと考えたほうがよいです。

体全体を引き締めたいのであれば有酸素運動中心のメニュー、気になるところだけ引き締めたいのであれば筋肉トレーニング中心のメニューと、どこをどのように引き締めるか考え、運動メニューを考えると効率的です。

 

運動よりもまずはカロリー計算を

痩せるためには現在の自分を知る必要があります。1日どれくらいのカロリーを摂取しているのか把握し、適切な量に調整するだけでも効果的です。

摂取カロリーが消費カロリーを上回っているならば、運動をしても体重を減らす効果が少ないことを意識する必要があります。