太ももはどうして太るの?

上半身に比べてむくみやすい

リンパ線は体に不要な老廃物や水分を運ぶ役割をしています。心臓はポンプのように押し出すことで血管やリンパ腺を押し流しています。心臓から遠い下半身のリンパ腺は流れが滞りやすいということ。老廃物を流すリンパ線の流れが悪くなると、水分が溜まりやすくなってしまいます。
このため下半身は上半身に比べてむくみやすいといわれています。

セルライトが原因

リンパの流れが悪くなり老廃物が体の中に居座ると、セルライトができやすくなります。セルライトとは脂肪に水分や老廃物が纏わりついて固まったものです。一度できていまうと、脂肪細胞同士がくっつく肥大化していきます。
また単純な食事制限のダイエットでは小さくしづらい厄介な細胞です。

お尻や太ももに表面がぼこぼこしているところがあれば、そこがセルライトです。また見えなくてもお尻にぐっと力を入れるとセルライトが見えることがあります。

 

筋肉太りが原因

筋肉が原因で太ももが太い可能性もあります。こちらは運動をやめてしまえば筋肉が小さうなるのであまり問題がないように一見思えてしまいます。
やっかいなのは「姿勢の悪さ」が太ももの筋肉と関係している場合。その場合は姿勢そのものの改善が必要です。

 

太ももの内側太りの場合

太ももの内側は水分や老廃物が溜まりやすく、筋肉が原因よりはセルライトやむくみが原因であることが圧倒的に多いです。

 

 

太ももの内側のむくみ解消方法

むくみが原因なのであれば、外側からのマッサージで老廃物を流してあげれば解消されます。またセルライトが原因の場合も、セルライトはマッサージの刺激で小さくなりやすくなるため、マッサージは効果的です。

むくみをとるのに麺棒ダイエットが効果的です。太ももの内側はむくみやすく固くなりやすいです。市販のマッサージグッズを使用してもよいのですが、それよりも力が両手で込めやすい麺棒のほうがおすすめです。

 

 

太ももの内側の鍛え方

たとえむくみが原因であっても、筋肉トレーニングは行った方がよいでしょう。一時的にマッサージでむくみを解消できたとしても、再びリンパ腺が滞ってしまうとたちまち元通りです。筋肉トレーニングを行っておけば引き締まった太ももを保ち続けることができます。

座りながら太ももの内側を鍛える

引用:AMAZON

太ももの内側を細くするためのダイエットグッズも販売しています。これは椅子に座った際、足にはさみ開閉を繰り返すことで筋肉をつけるトレーニンググッズです。
一個1000円以内とお手軽です。途中で飽きるのが心配な人は、「ジャンプ」などの漫画雑誌や「タウンワーク」などの分厚い冊子を落ちないように足にはさむだけでも効果があります。

太ももの内側を鍛えるスクワット

寝ながら太ももの内側を鍛える

 

 

 

太ももを太くする生活習慣

 

内股で歩く

内股で歩くと、太ももの外側ばかり鍛えられ内側の筋肉を使いません。太ももの内側を痩せさせたいのであれば、内股歩きはすぐにやめましょう。

 

足を組んで座る

足を組んで座ってしまうと骨盤がゆがみ、体全体の血液やリンパ腺の流れが滞ってしまいます。結果、太ももの内側がむくみやすくもなってしまうのです。