海外セレブも実践して脚やせなどに成功しているスライドワークアウトは、日本でも最近話題です。
タオルや靴下などを使ってスライドさせることで効率的に筋肉を鍛えられるワークアウトで、何よりも簡単で時間があまりかからないので続けやすいです。

今回は、タオルを使ったスライドワークアウトのメリットや方法をご紹介します。

スライドワークアウトとは?

スライドワークアウトは、本来はスライドディスクやスライダーと言われるダイエット器具を使って行うワークアウトです。
下半身を鍛えるワークアウトがメインで、脚の下にスライドディスクやスライダーを置いて滑らせるような方法で行われます。
スライドワークアウトは、普通のワークアウトよりもスライドにより筋肉にバランスよく負荷がかかるので、短期間のダイエット効果が期待できるのです。

家で行なう場合は、タオルを敷いたり靴下を履くという方法がメジャーです。

スライドワークアウトのメリット


普通のワークアウトと比較した時のスライドワークアウトのメリットは2つあります。

筋肉に大きな負荷をかけられる

普通に床に着いた足を滑らせるよりも、タオルなどを敷いて足を滑らせる方が、スライドする時に程よく抵抗がかかるため筋肉に負荷をかけられます。
その結果、普通のワークアウトと同じ動きでも効率よく筋肉を鍛えられるので短期間で筋力アップできるのです。

体幹もしっかり鍛えられる

普通に足を滑らせるよりも、タオルを敷いて足を滑らせる方が少しだけバランスが悪くなります。
そのため、バランスを取りながらワークアウトをしなければいけないので体幹が鍛えられます。

体幹が鍛えられると代謝が上がるので、ダイエットにつながります。

タオルを使った脚のスライドワークアウトの方法

タオルを使った脚のスライドワークで有名な方法をご紹介します。

1. 床に足の裏のサイズくらいに畳んだタオルを床に置いて、その上から足を置きます。片方だけでOKです。

2. 腰に軽く手を当てたらタオルを敷いていない足を軸足にして、少し膝を曲げます。

3. 軸足はそのまま動かさずに、タオルを敷いている足を外側に滑らせます。伸ばせるところまで伸ばしましょう。

4. そのまま、半円を描くように前から後ろへと足を滑らせます。10回ほど行います。
反対の足も同じように行ないましょう。

これを1日2セット行なうのがベストです。

まとめ

スライドワークアウトは、タオルで行なってもOKですし、床の掃除の時に雑巾を使って行なうのもおすすめです。
掃除もできて一石二鳥なので時短エクササイズにもなりますね。