女性の特権!美しいデコルテ

海外の女優さんが、レッドカーペットを歩くときは、お決まりのようにデコルテを強調したドレスを着ていますよね。美しいデコルテラインは、男性でなくとも見とれてしまう美しいものです。

 

もちろん骨格を変えることはできませんが、お手入れ次第で十分に美しいデコルテを作ることができます。ちょっとした習慣やエクササイズ、ケアを行うことで、見違えるような美しいデコルテを手に入れることができます。

 

自信をもって胸元が開いたドレスを着るために、自慢のデコルテラインを作っていきましょう。

美しいデコルテとは

まずは、美しいデコルテとはどんなものかを知っておきましょう。

 

デコルテとは、ファッション用語からきている言葉で、元々はフランス語だったのですが、今では英語にもデコルテという言葉があります。本来は、首筋から肩や胸にかけて大きく開いている服のデザインを指していますが、近年では、首から胸元までの身体の部分を指すようになってきました。

 

鎖骨、肌ツヤ、ボリューム感が備わっていないと、美しいデコルテにはなりません。

鎖骨

・鎖骨がくっきりと出ているが、浮き出し過ぎてはいない。
・左右の肩のラインが同じ高さで鎖骨の位置がまっすぐに伸びている。(Ⅴ型や八の字型ではない)
・手を前に出した時にできる窪みが、顎からまっすぐ下にある。

 

 

・透明感のある肌
・みずみずしくハリがありツヤのある肌

ボリューム感

・適度な脂肪がついているふっくらとした女性らしいバスト
・健康的な美しさを感じられる、ほど良いボリューム感
・鎖骨が美しく出ていて筋張った感じがしない

 

 

美しいデコルテを手に入れる方法

それでは、美しいデコルテを手に入れるためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。それには、まず、姿勢を正すことから始めていきましょう。バレリーナのデコルテを思い出してください。とても美しいデコルテをしていますよね。

 

バレエの基本的な姿勢で立ってみましょう。腰から頭の先まで一直線に伸びているイメージで胸を張って立ちます。肩は、顎より前に出ないようにし、スッキリと下ろします。身体が一直線になっているかどうか、わからない方は、壁にかかと、お尻、肩、後頭部をつけながら立ってみましょう。常にこの姿勢を意識して生活をしているとだんだんと美しいデコルテになっていきます。

 

デコルテ部分のスキンケアもお顔の肌と同じように丁寧にケアしてください。お顔と同じように化粧水やクリームを塗って肌の調子を整えるようにします。日焼け止めもしっかりと塗るようにしましょう。

 

デコルテ部分が貧弱だと美しいデコルテになりません。ダイエットのし過ぎには注意をしてください。

 

大胸筋を鍛えるために腕立て伏せが有効です。大胸筋がしっかりとしてくるとバストをふっくらとさせることができ、お腹もへこますことができます。普通の腕立て伏せができないという方は、初めは膝を立てた状態で腕立て伏せを行い大胸筋を鍛えましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?デコルテラインの美しさは、女性だけの特権です。毎日の積み重ねが、美しいデコルテを作り出します。日々、美しいデコルテを意識して生活してみてください。美しいデコルテは、必ずあなたに自信を与えてくれるでしょう。