背伸びをすると痩せられるって知っていましたか

 

背伸びをするだけで痩せられるという話を聞いたことはありませんか。背伸びには、色々な効果があり、ダイエット効果だけでなくストレス解消までできてしまうという、簡単でうれしいエクササイズなんです。

 

いつでもどこでもお手軽に始められる背伸びダイエット。ちょっとした時間ができたら、背伸びをしてみませんか。

 

なぜ背伸びをするとダイエットになるのか

 

なぜ、背伸びをするだけで痩せられるのでしょうか。その秘密は、背伸びをすると全身の筋肉を刺激することにあります。確かに背伸びをするととても気持ちが良くなります。それは、普段あまり使っていない筋肉がほぐされて血流が良くなることが原因です。

 

血流が良くなることで、基礎代謝量が多くなり痩せられることが期待できるわけです。

 

特に背伸びをすると脊柱起立筋という背骨から腰骨まで続く細長い筋肉を鍛えることができます。この筋肉には、「褐色脂肪細胞」と呼ばれる脂肪燃焼を促す働きをする細胞がたくさんあることで知られています。

 

「脂肪細胞」と名前がついていますが、この褐色脂肪細胞は、エネルギーを消費して体温を上げることに重要な役割をはたしている細胞です。この細胞の働きが活発な人は、エネルギーを熱に変換する働きが高いので太りにくいため、「痩せの大食い」と言われている人の多くは、褐色脂肪細胞が活発に働く人であると考えられています。

 

反対に褐色脂肪細胞の働きが悪い人は、食事によって体に取り入れたエネルギーを熱に変換しにくいため、脂肪としてためやすく、また、体温を上げにくいため冷え性の方が多いと言われています。

 

 

背伸びダイエットのやり方

 

背伸びダイエットは、いつでもどこでも行えるのでちょっとした時間を見つけてやってみてください。

 

まず、背伸びをする前に大きく深呼吸をしてください。呼吸をしっかりと整えた後に行いましょう。

 

1.足を肩幅程度に開いて手のひらを上にしながら手を組みます。

 

2.背伸びをしながらゆっくりと後ろ背筋をそらしていきます。

 

3.背筋をそらしながら、息をゆっくりと鼻から5秒吸い、口から5秒吐いてください。

 

4.この動作を1セットとして、3セット行いましょう。

 

できれば毎食前に行うとさらに効果的と言われています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 
どこでも手軽に行える背伸びダイエット。即効性はありませんが、じわじわと褐色脂肪細胞を活性化させ、太りにくい身体を作っていきます。特に冷え性で悩んでいる方には、最適のエクササイズと言えるでしょう。