足首を回すとゴリゴリと音がするほど凝っていたりしませんか?
それは、とても危険な状態で明らかに代謝がダウンしている状態でもあります。

足首をほぐせば、ダイエットはもちろん、健康効果も得られます。

今回は、スキマ時間でも実践できる足首回し方法や効果についてお話しします。

足首回しがダイエットに効く?

足首回しを習慣化すると、骨盤の歪みが改善されるのでリンパや血液の流れが良くなります。
すると、代謝が上がるので痩せやすい体質になります。

骨盤が歪むと、背骨から肩甲骨、肩、首、頭蓋骨と全て歪みます。
すると、内臓の位置がずれたり、筋肉のバランスも悪くなるのでコリも生じやすくなります。

足への負担も大きくなるので、筋肉が凝ったりむくみやすくなります。

足首回しはダイエット以外にも効果

足首回しは、ダイエットだけではなく次のような効果もあります。

むくみがなくなる

足首を回す習慣をつけると、足首からふくらはぎのコリが取れる上に、骨盤の位置も整うので、下半身がむくみにくくなります。

むくみを放置しておくと、セルライトの原因にもなるので気をつけたいですね。

疲労がたまりにくくなる

足裏からふくらはぎの血流を促進すると、全身の血流が良くなるので疲労回復力がアップします。

さらには心臓への負担を減らせるので疲れにくくなります。

自律神経が整う

足首を柔らかくして血流を促進すると、自律神経が整います。
自律神経を整えると、代謝がアップして便秘も解消、睡眠サイクルも整うので健康に、そして痩せやすい体質になります。

簡単!足首回しの2つの方法

これだけの効果がある足首回しを今日から習慣にしませんか?
わざわざ、時間を取らなくても簡単な足首回し方法でスキマ時間でも実践できます。

ここで、簡単な足首回し方法を2つご紹介します。

立ったままで足首回し

足の指を手で持って足首回しする方法がありますが、立って回す方法ならどこでも実践できますね。

立ったままで片足のつま先を立てて、つま先を軸に外回り、内回りと足首を回します。

このときに、急いでグルグル回すのではなくゆっくり回すのがポイントです。
外回り、内回りと各30回ほど回しましょう。

寝そべって足首回し

寝る前に仰向けになって、両足の足首を同時にグルグル回します。
対照に外回り、内回りと各30回ほど回しましょう。
このときも、ゆっくり回すのがポイントです。

まとめ

骨盤矯正ストレッチなどをする暇がない人にも足首回しがおすすめです。
足首を回す習慣をつけて、骨盤を整え、血流を促進して行きましょう。