ダイエット中に甘いものは厳禁?

ダイエット中に甘いものは厳禁、食べたり飲んだりしちゃダメと思っているとよけいに食べたくなるのが人間です。痩せたいからといって大好きな甘いものを我慢していると、たとえ理想体重になったとしても、よほど意志の強い方でなければ、すぐにリバウンドしてしまうことが目に見えています。ストレスが強いダイエット法であればあるほど、長くは続かないことは皆さんご存知ですね。

 

そこで、ダイエット中でも口寂しくならないものを食べたり飲んだりすることで、ダイエットを長く続けて理想体重を継続できるようにしていきましょう。それでは、ダイエット中におすすめの甘いものをご紹介したいと思います。

GI値が低いお菓子を選ぶ


食べ物を食べた後の血糖値上昇スピードを現すGI値が低いものを選びましょう。最近は、肥満や糖尿病予防の観点から、GI値が注目されており市販の食品にもGI値表示がしてあるものが多くなってきました。

 

目安としてGI値が55以下のお菓子を選ぶと比較的太りにくいと言われています(もちろん食べ過ぎには注意してくださいね)。

 

・GI値55以下のお菓子
プリン(GI値52)、シュークリーム(GI値55)、ゼリー(GI値46)、スイートポテト(GI値54)、ブラックチョコレート(GI値22)

 

SOYJOYは低GIなお菓子


私がダイエット中でお菓子を食べたい時には迷わずSOYJOYを選びます。小麦粉を使わずに大豆で作られた大塚製薬のSOYJOYは、低GIなお菓子として優秀で、スーパーやコンビニで手軽に手に入れることができます。12種類あることもいろいろ選べるのでうれしいポイントです。

 

ハーニー&サンズのホットシナモンサンセット(紅茶)は衝撃的な美味しさ


アメリカのニューヨーク郊外で創業されたHarney&Sons(ハーニー&サンズ)の紅茶の中でも1番人気といわれるホットシナモンサンセットはカロリー0なのに衝撃的な甘さがある紅茶です。私も初めて聞いた時は、半信半疑で、カロリー0なのにそんなに甘いはずがないと思っていました。

 

ところが、実際に飲んで見て本当にビックリするほど甘くて驚きました。スパイシーなので好みは分かれると思いますが、私にはとても美味しかったです。今では、ダイエットのお供に欠かせない紅茶となりました。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ダイエット中といえども、生活を楽しみたいですよね。いくら太りにくいと言っても、もちろん食べ過ぎてしまえば、逆に太ってしまうのでそれだけは注意してください。

 

あまりにつらいダイエットは、絶対に長続きしません。ストレスを上手くコントロールして理想の体型に近づいていきましょう。