2017年7月に第3子妊娠したジェシカ・アルバ

ダークエンジェルなどの作品で有名な女優「ジェシカ・アルバ」。過去にはFHM誌では世界一セクシーな女性第一位にも選ばれているほどのプロポーションの持主。

2017年7月には第3子の妊娠を発表しました。

社長として母として忙しい毎日を送るジェシカ。これまで疲れること多かったらしいですが、栄養士の「ケリー・レヴェック」のアドバイスを取り入れてからその悩みから解放されたそう。
レヴェックはカリフォルニア大学ロサンゼルス校とバークレー校で臨床栄養学の修士号を取得した、セレブ向けヘルス&ウェルネスコンサルタントです。『Body Love: Live in Balance, Weigh What You Want and Free Yourself From Food Drama Forever』(ボディラブ:バランス生活で理想の体重とフード騒動知らずの暮らし)という本も出版しています。

 

 

ポイント①白い食べ物を避ける

砂糖・塩・小麦粉を避けること。小麦粉にはグルテンを含んでおり、食欲を促進させる働きがあります。

だからといって炭水化物を完璧に摂らないことは健康に悪いです。オートミールやお米などGI値が低い食べ物はきちんと食べるようにしましょう。
ポイント②食べてしまっても罪悪感を抱かない
炭水化物は摂取しないように心がけていても、食べたくなる時はあるもの。時にはストレス発散もかねて大好物を食べることも必要です。我慢のし過ぎで体が飢餓状態に陥ると、逆に痩せにくくなることも。

さらに食事は楽しみながら摂るもの、いくら健康によくても、トマトが嫌いなら食べなくてもいいのでは?

 

 

ポイント③ラブボディ(身体を愛すること)

食事を通して自分の身体を愛すること。
今の自分の身体を楽しむことが大事。自分を恥じるのではなく、自分を愛しながら自分の身体を客観的に見つめましょう。

ラブボディにおいてはカロリー計算が不要です。
代わりに1回の食事でたんぱく質・脂質・食物繊維・緑黄色野菜を必ず摂取するようにしてください。一緒に食べることで、体内の8種類以上の空腹ホルモンと血糖値を調節してくれます。

我慢して食べられない食べ物から、食べられる食べ物へ注意を向けることによって食事も楽しくなります。

そしてお腹が空いたときにおやつを用意しておくこと。ジェシカの定番は「グアカモレ」。グアカモレはメキシコ料理のアボガドのディップです。

 

 

ポイント④朝食にはグリーンスムージーを

グリーンスムージーの朝食を摂ること。フルーツはバナナ(1/3)だけ。あとは野菜、チアシード、アーモンドミルク、アーモンドバター。このスムージーで朝から血糖値のバランスを保ち食物繊維の摂取も可能。

 

 

ポイント⑤運動はメンタル強化を目的に

ジェシカは引き締めるワークアウトは週4日が理想としながらも、実際は忙しくて週2~3日しかできないそう。ワークアウトは体よりもメンタルに効く、とのこと。
ハイキング・バイク・水泳などは運動したいときに行うのが一番。運動は効果を求めるよりは、朝から気分を上げて脳の働きを活性化させるのがポイントのようです。