質問に答えるだけで運動が続く!

運動をはじめたその日は決意が漲るのですが、3日目になるとあの時の決意はどこえやら、萎えてしまってサボりがちになります。三日坊主という言葉もあるように、新しい習慣というのは続けるのが大変です。

はじめた頃まではいかなくても、最低限のモチベーションが保てれば運動も続けやすくなります。そんな方法があったらとっても素敵だと思いませんか。

これは私自身が実践して成功した方法です。
朝、もしくは運動前に、毎日9個の質問の答えを紙に書くだけで運動に対するモチベーションを維持できます。またこのモチベーションの保ち方は、勉強・習慣・練習など色々応用ができます。ぜひ活用してみてください。

 

 

質問①自分に許可を与える

太ったままのイメージが深層心理にこびりついて、運動を邪魔している可能性があります。
「私は、〇〇してもいい」と許可してあげましょう。その際「私は痩せてもいい」というあいまいな表現は避けましょう。

 

【例】
「私は、48kgになってもいい」
「私は、ウェストが60cmになってもいい」

 

また憧れの女優かタレントがいるのであれば、「その人になってもいい」と書き出してみましょう。

 

 

質問②なぜそれをするか考える

あなたが痩せたいと思った理由があるはずです。理由を思い出せば、自然とやる気が出てきます。

 

【例】
「かわいい服を着たい」
「太っていると馬鹿にされたくない」

 

 

質問③周りの評価を想像する

「周りに評価されたいからする」という人が世の中には一定数います。承認欲求が強いタイプです。
それが悪いわけではありません。むしろ承認欲求が強い人は、この質問に答えることでやる気を出すことができます。うまく自分の性質を利用しましょう。

 

【例】
「痩せた私を羨ましがる」
「周りの男性にちやほやされる」
「友達に褒められる」

 

※承認欲求が弱い人はこの質問に答えてもやる気は出てきません。一度答えてみて、何か違うなと思ったなら、以降この質問に答える必要はないです。

 

 

質問④昨日までの結果を振り返る

自分の成長を楽しむための質問です。ダイエットというのはすぐに結果が出てくるわけではありません。小さな成功体験を確認し自分を肯定することで、ダイエットそのものを楽しめるようにしまっしょう。
【例】
「運動が1週間続けられた」
「腹筋を30回から35回に増やした」

 

 

質問⑤失敗したらどうなるか考える

人によってはマイナス思考が行動の基準となる人がいます。そのような人にこの質問は有効です。運動が面倒だな、と思ったときでも、この質問に答えるだけで追い立てられるように運動に取り掛かれます。

 

【例】
「一生、たるんだ脂肪を体にまとわりつかせる」
「女友達に馬鹿にした目で見られる」

※人によってはこの質問でやる気がでない人もいます。(⑦の質問でやる気がでる人など)一度答えてみて、何か違うなと思ったなら、以降この質問に答える必要はないです。

 

 

質問⑥成功したらどうなるか考える

人によってはポジティブ思考が行動の基準となる人がいます。そのような人にこの質問は有効です。運動が面倒だな、と思ったときでも、この質問に答えるだけで追い立てられるように運動に取り掛かれます。

 

【例】
「細くなって、インスタに自分の写真を載せてみんなに褒められる」
「彼氏に褒めてもらう」

 

※人によってはこの質問でやる気がでない人もいます。(⑥の質問でやる気がでる人など)一度答えてみて、何か違うなと思ったなら、以降この質問に答える必要はないです。

 

 

質問⑦今日のタスクを考える

理由(なぜそれをするのか)の質問はやる気を引き出し、工程(何をするのか)の質問は取り掛かりやすくなる、といわれています。

目的を達成するために、今日は何をするかタスクを書き出しましょう。その際、「何時」行うかも忘れないように書いてください。

 

【例】
「夜にテレビを見ながら腹筋50回」
「朝ご飯を食べた後にスクワット300回」
「帰宅後すぐに30分ウォーキング」

 

 

質問⑧作ったタスクをこなす際、障害となるものを考える

目標に対し脅威となるものを予想しておくと、人は我慢がしやすくなります。

 

【例】
「帰宅後疲れて面倒だという気持ち」
「面倒臭いという気持ち」

 

 

質問⑨邪魔をされないためにはどうしたらよいか考える

 

【例】
「シューズだけは履く、それでもやる気が出なければ今日はやめておく」
「音楽でやる気を引き出す」

 

 

一覧まとめ

①自分に許可を与える
②なぜそれをするか考える
③周りの評価を想像する
④自分の成長を想像する
⑤失敗したらどうなるか考える
⑥成功したらどうなるか考える
⑦今日のタスクを考える
⑧作ったタスクをこなそうとすると邪魔するものを考える
⑨邪魔をされないためにはどうしたらよいか考える

 

答えは1文だけ。字も自分しか見ないので汚く書いて問題ありません。一見面倒くさそうに見えるかもしれませんが、慣れてくるとスラスラ書けるようになります。
実際にこの質問に応えることで私もモチベーションを保て7kg痩せました。騙されたと思って試してみてください。