万能ダイエットグッズ「ペットボトル」

ダイエットにはマッサージや筋肉トレーニングなどが効果的です。しかし続けられるかもわからないうちにマッサージ器具や筋肉トレーニング用のダンベルを用意するのは面倒だと思いませんか。

 

そんな方のために今回は、ペットボトルを活用したダイエット方法をご案内します。ペットボトルさえ用意しておけば顔痩せ、二の腕痩せ、むくみ解消など様々なダイエットに取り組むことができます。

水を入れてダンベル代わりに

筋肉トレーニングはダイエットに効果的です。いくら痩せても筋肉がなければ、美しいプロポーションになれません。筋肉は負荷をかければかけるほど鍛えることができます。はじめたては自分の体重を支えて鍛える自重トレーニングで鍛えるのもよいですが、慣れてきたらさらなる負荷を加えて効率よく鍛えたいところです。

 

わざわざダンベルを買うのがめんどくさいという方におすすめするのが、ペットボトルに水を加えてダンベル代わりにする方法です。最近のペットボトルは持ちやすいように改良されており、2Lペットボトルでもしっかりと持つことができます。また水の量によって負荷を変えることができます。

 

 

小顔体操のおともに


ペットボトルを歯を使わずに唇でくわえるだけで、小顔効果が期待できます。ペットボトルがへこむまで深呼吸すればさらなる効果が期待できます。少量の水を加えて負荷を加えるのもよいでしょう。ただし水を入れた状態のペットボトルをくわえたまま深呼吸をしないように注意しましょう。
鍛えられるのは口輪筋という、唇の周りにある筋肉です。口もとはほうれい線など年齢によるシワが目立つ部位。積極的に鍛えたい筋肉です。またこのエクササイズであごを引くことを意識すると、二重顎対策にもなります。

 

 

お湯を入れてマッサージ効果を高める

お湯を入れれば身体を温めながらマッサージを行うことができます。通常のマッサージよりも、高い効果を期待できます。お風呂のお湯よりちょっと熱いぐらいのお湯を入れて、ペットボトルの側面でリンパの流れを促すように撫でてください。撫でるのが痛いという場合、コロコロ転がすだけでも効果があります。

 

お湯がもったいない方は、お風呂の残り湯を使うとよいでしょう。その場合は雑菌が繁殖する可能性があるため、ペットボトルは頻繁に取り換えるようにしましょう。熱すぎるとペットボトルが変形してしまうので注意してください。

 

 

凍らせてもダイエットに効果的

水を入れて冷凍したペットボトルを首の後ろにに押し当てるだけでもダイエット効果があります。なぜ首を冷やすだけでダイエットできるのかといえば、首元にある褐色細胞がポイントです。褐色細胞とは、脂肪を燃焼したり身体を温めたりする細胞です。この褐色細胞は肩甲骨や首周辺に集まっており、冷やすことによって活性化します。このため冷凍したペットボトルで首の後ろを温めれば、新陳代謝を促すことができます。