お菓子がダメなら野菜を食べたらいいじゃない!

ダイエットでは、甘いものや高カロリーのものの食べ過ぎはいけません。しかしダイエットのためとはいえ、甘いものや高カロリーのものを突然我慢するのは難しいです。いつもの習慣を変えることは大きなストレスを伴います。ついつい口寂しさに負けて、食べ慣れた甘いものに手を伸ばしてしまうことでしょう。

 

 

習慣を変えるおすすめの方法は、「ズラすこと」。「いつもの習慣」を「似たような習慣」にずらすことで、悪い習慣は断ち切りやすくなります。

 

 

甘いものや高カロリーのものが口寂しくてやめられない人は、「食べていいもの」、つまり「野菜」をいつでも食べられるように習慣を変えてみましょう。今回は野菜ダイエットにおすすめのレシピ本をご紹介します。

 

ほんとにカンタン!野菜のおやつ

著者:片山 ちえ
画像引用:AMAZON
「野菜を使ったお菓子ってなんか面倒くさそう」そんなイメージを持つ方におすすめしたいレシピ本です。家庭である材料で作れる野菜おやつを紹介してくれます。簡単に作れるのに、野菜特有の青臭さのない美味しいお菓子を作ることができます。野菜嫌いな方にも、野菜料理ビギナーにもおすすめの本です。

 

 

おから、豆腐、豆乳、野菜のお菓子

著者:片高橋 典子
画像引用:AMAZON

 

野菜のおやつ作りに慣れてきた人向けのレシピ本です。低カロリーで健康によいおやつレシピが載っています。低カロリーおやつにありがちな「パサついていていまいち感」がない、しっとりとしたおいしいおやつを作ることができます。
野菜おやつだけではなく、おから・しょうゆ・味噌・ごまなど、日本の食品を使ったおやつがたくさん載っています。

 

 

うーらのオーガニックレシピ手帳

著者:庄司智子
画像引用:AMAZON

野菜をたくさん食べたいけど、レパートリーが少なくて結局魚や肉を焼いてしまう、という方におすすめの一冊です。よくある「5分調理」「時短」「パパっと」というわけではありませんが、「簡単にとにかく野菜をおいしく食べる方法」が載っています。興味はあるけど購入するか悩んでいる方は、ブログから読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

無国籍ヴィーガン食堂「メウノータ」の 野菜がおいしい! ベジつまみ

著者:伴 奈美
画像引用:AMAZON

「料理もお菓子もわざわざ作りたくないけど、おつまみぐらいなら野菜を取り入れてもいいかな」という方には、ベジつまみの本はいかがでしょうか。ダイエッター向けに書かれた本ではないため、野菜を使って出来るこってり系の料理が多くのっています。本格的なダイエットよりも、まずはゆるーく日々の食事を改善したいという方におすすめの一冊です。