ダイエットでお金を貯めよう!

どうしてもお菓子が我慢できない、という方はいませんか。ダイエットで一番難しいのは食事制限です。筋肉トレーニングやエクササイズなどの運動はやりがいや達成感がありますから、結果がでれば続けることができます。しかし食事制限は、我慢しても達成感などなく不満が溜まるばかりです。

 

やりがいさえあればお菓子の我慢はもっと簡単になるかもしれない、そう考える方におすすめなのが「カロリー貯金」という考え方です。今回はダイエットと貯金が同時にできる画期的なダイエット方法をご紹介します。

カロリー貯金とは


カロリー貯金とは、我慢した食事をお金に換算して貯金する貯金方法です。カロリー貯金はいくつかの方法に分かれます。

 

①1日の消費カロリーが1200kcalの人が、その日1000kcal摂取した場合、1kcal=1円として200円貯金する。
②150円・200kcalのチョコレートを我慢したので、150円貯金する。
③150円・200kcalのチョコレートを我慢したので1kcal=1円として200円貯金する。

 

カロリー貯金は、お菓子を我慢すればするほど目に見える形でお金が貯まっていきます。自分がどれだけ我慢できるか、またどれだけの金額を貯金に回せるか考え、自分にあった方法を選ぶとよいでしょう。

 

 

貯めたカロリーでご褒美を買おう!


貯めたお金を貯金するのもよいですが、自分のための買い物に使うのもよいでしょう。貯金の使い道のおすすめは、お菓子のお取り寄せです。
カロリー貯金で1kcal=1円としてお金を貯金すると同時に、カロリーも貯金しておきます。100kcalのお菓子を2週間我慢したら1400kcalです。1400円以内で、かつ1400kcal以内のお菓子を探してお取り寄せします。いきなりお菓子をまったく食べないようにするのは難しいです。このようにルールを決めて、少しずつお菓子を食べる量を減らすとよいでしょう。またルールを決めれば罪悪感を抱くことなくお菓子を楽しむことができます。

 

 

 

運動で貯金をする方法

食事制限ではなく運動で貯金を貯める「ダイエット貯金」もあります。運動が続かないという方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

エクササイズ貯金

エクササイズの運動分貯金をする方法です。1分=10円としてヨガのポーズをとるのもよいですし、1回=10円として筋トレーニングの回数分貯金するのもよいでしょう。人によっては1分=100円としてもよいです。

 

ウォーキング貯金

歩いたウォーキング時間や距離を測り貯金する方法です。最近はアプリで簡単に歩いた距離を測ることができます。アプリを使わなくても、いつも同じ道を歩いていれば一度調べるだけで済みます。歩数計で測った歩数分貯金するのもよいでしょう。

 

 

 

貯金ダイエットの記録は家計簿がおすすめ

貯金記録は目に見える形で記録したほうが、モチベーションがあがります。おすすめは家計簿に記録を残すことです。1日の消費カロリーより摂取カロリーが多ければ赤字、少なければ黒字とわけて記録するとダイエットの成果が分かりやすいです。スマホに家計簿アプリを1ついれるだけで、あなた専用のダイエットアプリとして活用させることができます。