こっそりと腹巻ダイエットを始めませんか?

 

お腹を温めることで全身の体温を上げ、ダイエットしてみませんか。腹巻きはダサいから嫌だなんて思っている貴方、腹巻きの驚くべき効果を知ったら今すぐに腹巻きを手に入れたくなりますよ。

 

今回は、腹巻きのうれしい効果と腹巻ダイエット方法の注意点について紹介したいと思います。

 

 

腹巻きの驚く効果

 

人間の腹部には、大切な臓器があります。この臓器達が冷えていると代謝がもちろん悪くなりますし、脂肪分解も上手くいきません。体温が1度下がることで人間の代謝は約13%も落ちてしまうという研究結果も出ています。

 

お腹周りを腹巻きでしっかり温めることで体温を上げしっかりと代謝を高めていきましょう。腹巻をすることでデトックス作用を担っている肝臓が温まりますので、老廃物や有害物質も排出されやすなり美肌効果だけでなくアトピーにも有効であると考えられています。

 

また、腎臓を温めることで余分な水分の排出も促されむくみ解消につながっていきます。美脚を手に入れたいのなら、ぜひ腹巻ダイエットを始めましょう。

 

 

腹巻の素材

 

まずは腹巻きの素材を選びましょう。やはりおすすめは天然素材の腹巻きです。化学繊維で作られた腹巻きは保温性や速乾性に優れていますが、吸湿性があまり良くないため汗を吸いにくく、蒸れやすいです。あせもの原因となってしまうこともあります。

 

また化学繊維は静電気が発生しやすいので注意が必要です。静電気は、人間の体に少なからず悪影響を与えることがわかってきていて、肩こりや腰痛、免疫力を低下させると言われています。しかも空気中に漂っている浮遊物質を引き付けやすいのでハウスダストやダニの死骸、排泄物を引き寄せます。

 

おすすめはシルク素材の腹巻きです。通気性が良く汗を吸いやいことももちろんですが肌触りが抜群で保温性も驚くほどしっかりとあります。デメリットは素材自体がデリケートなため、お手入れに気をつけなくてはならないという点です。

 

シルクは、手洗いでお手入れするのが面倒と言われる方は、コットンの腹巻はいかがでしょうか。丈夫なためゴシゴシ洗ってもかなり長持ちします。保温性を重視するならば、ウール素材のものが良いでしょう。肌に直接触れるとチクチクすることがありますので素肌に直接触れることは避け、肌着の上につけましょう。

 

 

腹巻きダイエットの注意点

腹巻きはあまり締め付ける物は避けるようにしてください。腹巻きの締め付けでかえって血行が悪くなってしまうとよけいに体が冷えますので注意しましょう。直接素肌の上につける場合は、肌に刺激のない素材を選びます。運動をする時に腹巻きを着用しながら行っても構いませんが、汗をかいて肌かぶれを起こさないように気を付けてください。

 

カイロを入れられるポケット付きの腹巻きもありますが、カイロを同時に使用する場合は、低温やけどに十分注意するようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

腹巻きを身に着けるだけで健康的にダイエットできる腹巻ダイエット。お手軽で美容効果もありますから、今年の冬から始めてみませんか。