本当に食べたいものだけ食べて食生活を改善しよう

 

目の前に食べ物が置いてあるとか、いつもの習慣というだけで、本当はそんなに食べたくないのに食べ物を口にしていませんか。

 

ダイエットで苦労している人にっとって、なんとなく口さみしい、手持無沙汰だという理由で食べてしまい、余分な脂肪をつけてしまうことは、とてももったいないことだと思います。

 

本当に食べたいものを食べるならば、自分を満足させることができて幸せになれますが、そんなに食べたくないもので太ってしまうことだけは避けたいものです。

 

 

 

その時食べたいものは、身体が要求しているもの

 

普段そんなに好きなものでもないのに、ある時無性に食べたくなったという経験はありませんか。たとえば、いつもはトマトをあまり好んで食べないのに、急にトマトが食べたくなったと感じることです。そんな時に食べるトマトは、いつものトマトと違って、とても美味しく感じることでしょう。

 

この現象は、身体がその時必要な栄養素を求めているからです。人間の身体は、日々の状態によって必要な栄養素が違うため、食べたいものもその時々で変わってくるのです。

 

そのため特定の食べ物が浮かぶ場合は、素直にその食べ物を食べるようにして身体に必要な栄養素を取り入れるようにしてください。

 

 

炭水化物を食べたい時

 

身体が欲しているものを食べていけば良いのですが、食べたいものが炭水化物の場合は注意しましょう。炭水化物が食べたい時は、エネルギーとなる物を身体が欲している状態で、食べなくても身体についている脂肪を使うことができます。ダイエットをしようと考えるならば、蓄えている脂肪を使うように自分に言い聞かせてみましょう。

 

全く炭水化物を我慢してしまうと、せっかくダイエットに成功してもすぐにリバウンドしてしまいますので、ご飯やパン、ケーキといった本当に食べたいのもを少量、美味しく食べるようにしてください。ストレスが強いとダイエットは長続きしませんので気をつけましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。常に口さびしいからといって何かを食べているような生活をしていると、身体にとって本当は何が必要なのかがわからなくなってしまいます。本当に必要な栄養素を明らかにするためにも、空腹感はとても大切なものと言えます。

 

のどがひどく渇いている時に飲むお水は、たまらなく美味しく感じるように、お腹がすいている時に食べる食べ物は最高に美味しく感じられ幸せにしてくれるでしょう。

 

そして食べ物を食べる前に本当に食べたいものかどうか、自問してみる癖をつけると食生活を改善する手助けとなります。