朝に強い人におすすめのリバースダイエット

ダイエットの基本は食事制限です。毎日の摂取カロリーを抑えれば、自然と体重が減っていきます。

摂取カロリーを抑えるのにおすすめな方法は、レコーディングダイエットです。食べた物のカロリーを記録していけば、自然とカロリーを抑える食べ方が身についていきます。

しかし中にはメモを取るのも面倒だという人もいるでしょう。

そんな方たちにおすすめなのがリバースダイエット。朝食と夕食を逆転させるダイエット方法です。

最も高カロリーを摂取する夜ご飯を抑え、最もエネルギーが必要な朝ご飯をたっぷり食べることで効率的なエネルギー管理を行うことができます。

私もこの方法で7kgのダイエットに成功しました。

リバースダイエットで痩せる理由

3食のうち最も高カロリーになってしまうのが、夕食です。夕食を少なくすれば、自然とカロリー摂取を減らすことができます。

また朝たっぷり食べようとしても、寝起きですから、しようとしても暴飲暴食はできません。そのため夕食をたくさん食べるよりも、少ない量で満足することができます。

リバースダイエットは2つの理由から結果的に朝ご飯をたくさん食べても、カロリー摂取を抑えることができます。

 

 

リバースダイエットの嬉しい効果

朝、お通じが悪いと悩んでいる人はいませんか。食物繊維が足りないのも理由の1つですが、もう1つに理由に朝食が少ないことがあげられます。

人間の身体は食べ物を摂取することにより、排便を促す仕組みになっています。リバースダイエットで朝食をしっかり食べるようになったら、お通じがよくなったという人も多いです。

 

そしてリバースダイエットは、あなたの朝活の支えにもなってくれます。

朝活動で生活が充実することを知っていても、実行するのはなかなか難しいです。朝に自分の大好きなものを食べれると思えば、朝起きるのが自然と楽しみになってきます。
夜好きなものを用意して、朝起きるのはとてもわくわくしますよ。

 

 

実家暮らしの人は

実家暮らしで夕食がすでに用意されている家庭もあります。そういう人は、夕食を冷蔵庫に保存しましょう。保存した分を、朝食として食べるようにすればリバースダイエットをこなすことができます。
難点はどうしても味は落ちること。特に揚げ物は揚げたてが一番です。作りたてが食べたい人は、一個だけつまみ食いしちゃいましょう。

 

 

朝からそんなに食べられないという人は

夕食と朝食は少なめにして、昼食をたっぷり食べるようにしましょう。

だからといって朝をまったく食べないのはおすすめできません。朝食を抜くと、その分昼食の血糖値は急上昇します。急上昇した血糖値は脂肪へと変換されます。
血糖値の急上昇を避けるためにも少量でもいいので朝のうちに何か食べるようにしてください.
また夕食を少なめにすれば、自然と朝にお腹がすいてきます。

 

 

朝ご飯を料理するのが面倒な人は

レトルト食品を活用しましょう。野菜が足りないと思うのであれば、夕食や昼食で摂取すればよいのです。出来る限り楽をする工夫を見つけてください。

肉や魚も焼くだけで立派な料理になりますから、トーストを準備する手間とあまり変わりません。
朝にわざわざスムージーやサラダを準備するのが面倒だという人も、夜だったら準備しやすいです。

 

 

朝のカロリーを消費してやるような気持ちで一日を過ごそう

朝のカロリーはそのまま1日を過ごすためのエネルギーに使用されます。階段を積極的に使用したり、一駅分歩くなど、朝食のカロリーを使い切ってやる気持ちで一日を過ごしましょう。
朝食のカロリーが使われるのを感じながら過ごせば、1日が楽しくなります。

 

 

向いている人には最適なダイエット方法

朝多く食べることから、胃が弱い人など、苦手な人も多いダイエット方法です。ぴったりはまれば、理想的なダイエット方法です。
夕食を抑えれば、体は睡眠に力を注ぐようになるので質の良い睡眠も手に入れることができるダイエット方法です。ぜひ試してみてください。