1年の中で一番紫外線対策が必要なのは強くなるのは5月から8月

 

ゴールデンウィークも近くなってくると、天気の良い日中は、まるで夏のような暑い日になることがあります。まぶしいほどの陽射しは、気持ちの良いものですが、一方で紫外線が気になります。紫外線は、日焼けを起こすだけでなく、シミやシワなど肌の老化の原因になり、体にもさまざまな影響を与えます。

 

1年のうちで一番紫外線が強くなる5月から8月に向けては、紫外線対策を考えていくことが必要です。紫外線対策をするならば、ダイエット効果があるものを行い、Wの効果を狙っていきましょう。

 

 

新陳代謝を活発にしてお肌対策とダイエット効果を狙う

 

紫外線を浴びてしまうとシミができやすくなりますが、年齢の若い方はあまりシミができません。その理由は、肌のターンオーバーにかかる日数にあります。年齢を重ねるほど肌のターンオーバーに時間がかかるようになることがわかっています。肌のターンオーバーにかかる日数は、20代で約30日、30代で約40日、40代で約55日、50代になると約75日の日数が必要だと言われています。

 

そのため、新陳代謝を活発にして肌のターンオーバーにかかる日数を早めることが効果的な紫外線対策となります。

 

しかも、新陳代謝を活発にすることは、脂肪が燃えやすい痩せやすい体を作っていくのと同じことになります。

 

 

やはり定期的な運動が効果的

 

新陳代謝を活発にするためには、血液の循環を良くすることが重要です。運動と言っても激しい運動は必要ありません。毎日継続して運動しながら少しずつ筋肉の量を増やしていきましょう。忙しくて時間がないという方は、毎日の通勤通学時間を利用して積極的に歩くようにしてください。

 

負荷が少ない運動でも継続していくことで筋肉の量を増やすことができ、新陳代謝を活発にすることができます。

 

 

睡眠は新陳代謝を活発にする重要な鍵

 

成長ホルモンの分泌により新陳代謝が活発になることがわかっています。成長ホルモンは、眠り始めてから約3時間の間の眠りの深さによって分泌量が違ってくると言われています。

 

寝る前には、リラックスしてベッドに入るようにしましょう。寝る前には、室内の照明は強いものは避け、温かみのある優しい明るさにするようにしてください。パソコンやスマートフォンはブルーライトが出ているので交感神経を活発にさせ、眠りにくくなる原因になります。就寝前の使用は避けるようにしてください。

 

 

食事の間隔をあまり空けない

 

食事と食事の間隔が空きすぎると、血糖値が急上昇しやすくなり、基礎代謝量を落とす原因となります。1日の総食事量は増やさないようにして小分けして食事をする方が基礎代謝量を上げると考えられています。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

これからは、帽子や日傘、日焼け止めクリームが手放せない季節となります。外からの紫外線対策だけでなく、新陳代謝を活発にすることで紫外線対策だけでなく、ダイエットも成功させていきましょう。