忘れがちなダイエットの基本

〇〇ダイエットや〇〇運動など世の中には様々なダイエット方法があふれています。流行のダイエットに取り組んでいるのに、なかなか痩せないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。もしかしたら、流行に流されるばかりダイエットの基本を後回しにしてしまっているのかもしれません。今回はそんな忘れがちなダイエットの3つの当たり前をご紹介します。この3つの当たり前さえ守れば、どんな方法でもダイエットを成功させることができます。

 

 

ダイエットの当たり前①摂取カロリーが多すぎると痩せない

どんなダイエットに取り組んでいてもでも、摂取カロリーが多いままだと体重は減りません。ダイエットの基本は「1日の消費カロリーより摂取カロリーを少なくすること」です。世の中には様々なダイエット方法が存在しますが、そのほとんどは「摂取カロリーを減らすか」「消費カロリーを増やすか」のどちらかを目的としたダイエット方法です。

 

 

摂取カロリーを減らすダイエット

置き換えダイエット

食事を特定の食品に置き換えることにより、摂取カロリーを減らすダイエット方法です。大きく摂取カロリーを減らすことができ、即効性のあるダイエットです。ただし栄養摂取が偏りやすいダイエットでもあります。

 

 

プレミールダイエット

食事前に特定の行動をすることにより、食事量を少なくして摂取カロリーを減らすダイエット方法です。特定の行動は「お風呂に入る」「低カロリーの飲み物や食べ物を摂取する」「軽い運動をする」など様々な方法があります。

 

 

断食ダイエット

決められた期限断食することにより摂取カロリーを減らすダイエット方法です。胃腸のはたらきが回復したりなどダイエット以外の効果も期待できます。ただし身体の負担は大きいため、専門家の指導の元行うことをおすすめします。

 

 

糖質制限ダイエット

食事のなかでもっともカロリーが含まれる炭水化物を減らし、摂取カロリーを減らすことを目的としたダイエット方法です。パスタ・パン・ご飯を減らすという手軽さから、人気のあるダイエット方法です。

 

 

消費カロリーを増やすダイエット方法

運動ダイエット

運動を増やすことにより消費カロリーを増やし、脂肪を燃焼させるダイエット方法です。ただし増やせる消費カロリーは1日の摂取カロリーと比べると微々たるもので、体重減少を姥久手敬とするのであれば食事制限との併用をおすすめすめするダイエット方法です。

 

 

ダイエットの当たり前②理想のプロポーションには筋肉が必用

日ごろ運動をしていない人が、ダイエットで脂肪を減らしても、体型は一回り小さくなるだけでだらしないままです。引き締まった体を求めるのであれば、筋肉が必用です。効果的に筋肉を作るのであれば、おすすめは筋肉トレーニングなどの無酸素運動です。ただし身体を動かせば筋肉も刺激を受けるので、有酸素運動でも筋肉を増やせないわけではありません。

 

 

ダイエットの当たり前③美肌のための栄養は食べないと摂取できない

ダイエットのためにひたすらカロリーを制限しようとする人がいますが、美容という観点から見るとその行動はNGです。食べなければ摂取カロリーが減らし痩せることはできますが、美肌のためには栄養を摂取するために食べなければいけません。つまり「カロリーを減らしつつ栄養を摂取する」という高度な生活をダイエットでは求められます。

 

 

ダイエットの基本は3つのポイント

  1. 摂取カロリーを減らす
  2. 筋肉を増やす
  3. 栄養を摂取する

このダイエットの3つの基本さえ守っていれば、美しく痩せることが可能です。「〇〇ダイエット」に取り組むよりも、自分の日常生活のなかでどのように工夫すればこの3つを達成できるか考えたほうがより確実なダイエットに取り組むことができます。