音楽を聞けばダイエットはもっと楽になる


音楽には様々な効果があります。楽しい音楽を聞けば楽しくなり、悲しい音楽を聞けば心の傷を癒し、激しい曲を効けばやる気を引き出すことができます。音楽の力をうまく活用すれば、私たちのダイエットはもっと楽に楽しくなります。今回はダイエットで音楽を活用する方法をご紹介します。

 

 

食事のときはスローテンポな曲を聞こう

食事中のスマホやテレビは、食事への集中を邪魔し食べ過ぎの原因となります。食事中でもスマホやテレビがやめられない人は、代わりにスローテンポな曲を聞くようにするとよいでしょう。食事中の物足りない感覚も、音楽を聴けば和らげることができます。またゆっくりとしたテンポに合わせて噛むようにすれば、意識せずに咀嚼回数を増やすことができます。

 

 

運動のときはアップテンポな曲を聞こう

すでに実践している人も多いでしょうが、アップテンポな曲を運動前に聞くとモチベーションを高めることができます。またハードな運動でもリズムに合わて行えば、疲労を和らげることができます。

 

おすすめはあなたが1番好きな曲。受験時代によく聞いていた曲などがおすすめです。それ以外であれば、運動のテンポと似たリズムの曲を聞くとよいでしょう。音楽のリズムに合わせて運動すると、身体も軽くなります。

 

それだけでなく映画やドラマのサウンドトラックを流し、自分の憧れる人になりきれば日々の姿勢や習慣まで変えることができるでしょう。

 

 

寝る前は自然音を聞く

質の良い睡眠は、ホルモンの働きを正常に整え身体を痩せやすくする効果があります。質の良い睡眠を手に入れるためには、入眠前のリラックスがカギです。心を落ち着かせるために、川のせせらぎや、夜の虫の鳴き声など、自然音を聞くとよいでしょう。

 

ストレスは新陳代謝を落とし、身体を太りやすくします。自然音はリラックス効果もあります。1日のあいだに何度か休憩時間を設け、意識的に自然音を聞くようにすればダイエットにも良い影響を与えることができるでしょう。

 

 

音楽を使い分けて効率的に運動をこなそう

ダイエットを続けるのは大変。しかし音楽を利用することで、大変さを和らげることができます。

 

聞く曲によってあなたの気持ちやテンションは変化するはずです。リラックスしたいときにはスローテンポな曲を、やる気を出したいときにはヒーロー映画のサウンドトラックを、集中したいときには川のせせらぎの自然音を、と音楽の力を利用して、その時のダイエットに適した気持ちを作ることができます。気持ちが乗り気になれば、苦しい運動も前を向いて乗り越えることができます。音楽を聞く時間は5分程度。短時間で自分のマインドをその場に適して変えられる音楽はコスパも抜群です。