セルライトに泣かされている女性は多い


太ももやおしりにセルライトができてしまい、肌がボコボコになってしまったと嘆いている女性は、あなただけではありません。

 

セルライトができやすい人ならば、放置しておくとどんどんと大きくなってしまう危険性もあります。いったいどういったことが原因でセルライトはできるのでしょうか。

 

これ以上セルライトを増やさないにはどうしたらよいのか、また、できてしまったセルライトを改善する方法を解説していきたいと思います。

 

セルライトとは?


セルライトとは、成人女性によく見られる肌状態で脂肪細胞の一種です。セルライトがあるからといって特に健康状態が悪いというわけではありませんが、ボコボコとした肌になってしまい見た目が気になってしまうという方も多いと思われます。

 

セルライトとはどのようにしてできるのか、はっきりとした事は現代でもわかっていませんが、老廃物や脂肪などがコラーゲン線維と絡み合って大きくなり、硬くなったものだと考えられています。

 

セルライトとのやっかいなところは、一度セルライトができるとなかなか元に戻すことが難しいところです。

 

セルライトの原因は何?


セルライトの原因は一つではありません。第一に上げられるのは代謝が悪いということです。運動不足や加齢などにより、筋肉量が減少してしまうと、血液循環が悪くなって冷えやむくみを引き起こします。代謝が悪くなることで老廃物の排出も当然悪くなり、脂肪細胞と結びつきセルライトとなっていくのです。

 

次にあげられる原因は、食生活です。カロリー過多の食生活を続けていると脂肪がどんどんと増え、セルライトを増やすことになります。また、塩分や糖分が多い味付けの濃いものを食べていると、体の中に水分がどんどん溜まっていきむくんでしまいます。むくみはセルライトの大きな原因になるのです。

 

セルライトを改善するには


一度できてしまうと、なかなか元に戻すのは難しいといわれているセルライトですが、これ以上増やさないようにするために、早めに対策をとっていきましょう。

 

運動で代謝を高める

 

セルライトを作らないようにするためには代謝を高めることが大切です。そのためには筋肉を増やさなくてはなりません。
特にデスクワーク中心の方は、気をつけるようにしてください。ジムに行ったり、ジョギングをしたりする時間が取れない場合は、階段を使う、一駅歩くなど工夫をしながらこまめに動くようにしましょう。

 

食生活を見直す

 

カロリー過多の食生活を見直し、薄味を心がけてください。むくんでしまうからといって水分摂取を抑えているとかえって水がたまりやすくなります。こまめに水分摂取を心がけて、体液の循環をスムーズにしてあげましょう。

 

冷えはセルライトの大敵

 

冷えはセルライトの大敵です。体を温めるといわれているショウガなどの食材を積極的にとるようにしてください。地面の中で育つ根菜類などの作物は体を温めると考えられています。

 

まとめ


いかがでしたか?
セルライトはなかなか手ごわい相手です。対策を早めにとってセルライトを作りにくい体にしていきましょう。