ダイエットが初めての人もうまくいかない人も読んでほしいページです

はじめてダイエットに取り組む人のために、考え方と方法をステップ形式でまとめてみました。

 

ステップ1あなたの理想を見極めよう

詳しくはコチラのページにまとめてます。

理想体重や理想体型を具体的数値にしましょう。コチラのページで簡単に算出できます。

さらに芸能人でもモデルでもよいので、理想体型の人を見つけておきましょう。具体的なイメージを持っているほうが、ダイエットもしやすくなります。

 

 

ステップ2 摂取カロリーを把握しよう

詳しくはコチラのページにまとめてます。

ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリー
まずはこのページで1日に消費されるカロリーを計算してください。

レコーディングダイエットを利用し、消費カロリーを摂取カロリーが上回らないようにすれば自然と体重が落ちます。

レコーディングダイエットの方法が分からない方は、コチラのページを参考にしてください。

体重を減らすだけであればステップ2で十分です。さらに自分の理想体型を求めるのであればステップ3から先へ進む必要があります。

 

 

ステップ3 有酸素運動で痩せるか、無酸素運動で痩せるか決めよう

詳しくはコチラのページにまとめてます。

 

有酸素運動の場合

種類 ウォーキング・スイミング・足踏み運動等
時間 20分以上の時間確保(脂肪燃焼の効果が高まるのが運動開始20分後のため)
効果 脂肪燃焼に効果有り

 

無酸素運動の場合

種類 筋肉トレーニング
時間 5分程度の時間確保
効果 身体を引き締める効果有り
注意 身体を痛めている人などは控えましょう

 

20分以上時間を確保できるのであれば「無酸素運動+有酸素運動」を組み合わせたほうが効果的です。時間がない方は、無酸素運動に集中するのがおすすめ。
ステップ1の目標に、どのように組み合わせれば近づけるか考えましょう。

 

 

ステップ4 運動を習慣にしよう

 

詳しくはコチラのページにまとめております。

 

運動のための時間を作る

朝飯の前・仕事から帰宅後・夕食の前、時間帯は問いませんが、「運動のための時間」をしっかり作りましょう。
はじめのうちは実際に運動をしないでも問題ありません。ただしその際、スマホやPCの電源はオフにしてください。

 

ベビーステップを利用する

ウォーキングならば「靴を履く」。筋トレなら「ダンベルを持つ」。
習慣化するためには続けることが大事です。しかし、一方で突然の用事や体の疲れから計画通りいかないことが当然あります。
その際は実際に運動はしないでよいので、「運動靴を履く」や「ダンベルを持つ」などベビーステップ(簡単なこと)だけは続けるようにしてみましょう。

ベビーステップだけでも続けていると、あなたの頭は運動が習慣だと思い込むようになります。

 

 

ステップ5 モチベーション維持のために毎日9つの質問に答えよう

詳しくはコチラのページにまとめてます。

 

①自分に許可を与える
②なぜそれをするか考える
③周りの評価を想像する
④自分の成長を想像する
⑤失敗したらどうなるか考える
⑥成功したらどうなるか考える
⑦今日のタスクを考える
⑧作ったタスクをこなそうとすると邪魔するものを考える
⑨邪魔をされないためにはどうしたらよいか考える

 

この質問にはモチベーションを高める秘密がいくつも込められています。ダイエットのやる気がなくなるたびに読むようにしましょう。
ただそれでもやる気がでなければ、もしかしたらあなたは疲れているのかもしれません。

ストレスなど溜まってないか振り返りつつ、ゆっくり体を休めましょう。