太もも痩せは基本を押さえて痩せよう

ダイエットを頑張って体重は落ちたのに、一考に太ももだけは細くならないとお悩みではありませんか。太ももはウェストに次いで痩せにくい部分で、痩せるためには太ももだけにポイントを絞ったダイエットを行う必用があります。

今回は太もも痩せの基本をご紹介します。あなたの太ももが痩せない理由は、ご紹介する基本のどれかが抜けているからかもしれません。振り返って確認しましょう。

食事制限は太もも痩せでも大切


部分痩せという言葉はありますが、お腹の脂肪だけを落としたり、二の腕の脂肪だけを落としたりすることはできません。脂肪というものは全体的に落ちていくものです。

太ももの脂肪を落としたいのなら、食事制限を行う必用があります。しかし食事制限だけを行っても、太ももは一向に痩せないという人も多いはず。このため合わせて太もものストレッチや筋肉トレーニングを行い、太ももが痩せるように促してあげる必用があります。

 

 

筋肉トレーニングはどんどんしよう

筋肉をつけることで太ももが太くなると主張する本やサイトなどは多いです。しかしアスリート並みのトレーニングでない限り、女性の筋肉が増量することはまずありません。もし筋肉が増えて足が太くなってしまっても、食事制限を行うことで筋肉を減らすことができきます。

 

 

マッサージは徹底的に行おう

太ももが太い原因の多くは、むくみです。このためむくみを解消するマッサージやストレッチは積極的に行うようにしましょう。

お風呂上りなど、太ももだけはマッサージするようにしましょう。太ももの脂肪が分厚くてマッサージしにくい人などは、マッサージグッズを使うとよいでしょう。

むくみ解消のカリウムを含む海藻類やコーヒーなども飲むと内側からむくみ解消を促すことができます。

 

 

骨盤を整えよう

太ももが太い原因の多くは、むくみです。むくみを起こさないためには、老廃物が流れるリンパ腺の流れをスムーズにする必要があります。リンパ腺の流れを邪魔する骨盤のゆがみは早急に整えましょう。

骨盤の歪みを整えれば、お腹痩せなどにも効果があります。整骨院や整形外科などプロの手により骨を整えてもらうのもよいでしょう。

お金をかけずに骨盤を整えたいという人は、運動で整えましょう。骨盤矯正スクワットを行えば1日3分で骨盤を整えることができます。

 

 

 

ガニまたスクワット

  1. つま先を外側に向け、両足を腰し幅に開く
  2. 両腕は前に突き出す
  3. 45秒かけて腰を落とせるところまで落とす
  4. 背筋はまっすぐ伸ばす

内股スクワット

  1. 両足を越し幅に開き内股になる
  2. つま先は内側に向けて両腕は前に突き出す
  3. 45秒かけて腰を落とせるところまで落とす
  4. 背筋はまっすぐ伸ばす
  5. 15秒かけて元の姿勢に戻す

上体倒しポーズ

  1. つま先は内側に向けて両腕は前に突き出す
  2. 両足を腰し幅に開き内股になる
  3. 上体を倒し15秒キープ

運動やマッサージにより骨盤の歪みが整っても、これまでと同じ生活習慣を繰り返したら再び骨盤は歪んでしまいます。

  • 足を組まない
  • 片足に体重をかけない
  • 猫背にならない

など正しい姿勢を意識しましょう。