1日5食ダイエットでは何を食べたらいいの?


1日5食ダイエットとは、1日の食事を5食に分けて食べるダイエット方法です。5食にわけて食べることで血糖値の上がり下がりを一定にする効果や、空腹の時間を減らし間食を減らす効果が期待できます。

我慢もせず痩せられる魅力あるダイエットに思えますが、気になるのは食事の内容。忙しい現代人には毎日夜ご飯を作るだけでも苦痛なのに、その上料理の回数を増やすことはできません。

今回は1日5食のメニュー内容を考えるコツをご紹介します。

1日5食ダイエットは外出先で困る

1日5食ダイエットの食事の時間は

  • 朝6:00~7:00
  • 朝10:00
  • 昼14:00
  • 夕17:00
  • 夕19:00

の5つの時間です。
1日5食ダイエットの目的は血糖値の安定ですから、食べる食事も低血糖なものを食べます。

最も簡単なのは、減らした食事分を次の時間に食べることです。例えば朝6:00に食べる朝食を先に別皿にうつし、次の朝10:00の食事のときに食べるという方法です。この方法であれば、あえて料理をする必用もなく、栄養バランスが考えられた食生活をおくることができます。

ですがこの方法は、仕事中や外出先では行えません。そもそも多くの職場は休憩時間が決まっているため、5食ダイエットで食べるさいは、デスクで片手で食べられるものがいいです。

働きながら1日5食ダイエットを行う場合は何を食べたらよいのでしょうか。

 

「まごわやさしい」から考える


仕事で忙しいからと5食の食事内容を適当にしてはいけません。栄養不足に陥り、栄養を補給しようとする脳が過食を促すからです。

仕事中に食べる食事でも、栄養を考えたメニューにしたほうがよいでしょう。おすすめはまごわやさしいの食品のなかから考えることです。まごわやさしいとは、栄養を多く含む食品の頭文字を並べた言葉です。

  • まめ
  • ごま
  • わかめ(海藻類)
  • やさい
  • さかな
  • しいたけ(キノコ類)
  • いも

最近はコンビニでも、ゴマや海藻類を使用した手軽に食べられるお菓子が充実しています。何を食べようか悩んださいは、まごわやさしいの食品を使っている手軽に食べられる加工品を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

置き換えダイエット食品

1日5食ダイエットでおすすめしたいのは、置き換えダイエット用のスムージーやシェイクの活用です。食事に置き換えることで、摂取カロリーを減らし減量を目指すこれらの食品は、栄養豊富で腹持ちもよいです。

もともとは1日3食分の1食を置き換える食品として作られているため、1日5食ダイエットで食べきってしまうとカロリーオーバーとなってしまいます。置き換え食品を活用するさいは、カロリーを摂りすぎてしまわないように、食べる量を調節しましょう。

 

ビーフジャーキーなどのお肉の加工品を食べる

1日5食ダイエットは、1日3食の食生活と比べると、当然ながら1食分の総カロリーが低くなります。よくある失敗は、摂取カロリーを減らそうとするばかりに高カロリーなお肉を避けてしまうことです。

お肉は筋肉や肌を作るための大切な食品です。ビーフジャーキーなどのお肉の加工品で不足しがちなたんぱく質を補うようにしましょう。