セルライトは嘘?


「もむだけダイエット」というダイエット方法をご存じですか。一時期話題となり、もむだけで痩せるという手軽さから現在も根強い人気のあるダイエット方法です。

 

もむだけダイエットで注目された効果は「セルライト解消」です。セルライトとは老廃物や水分を溜め込んで膨らんだ脂肪細胞のことです。通常の脂肪と違い、落ちにくくダイエットの天敵といわれていました。

 

しかし現在、このセルライトは嘘だという話が広まっています。セルライトが嘘ならば、もむだけダイエットの効果も嘘なのでしょうか。今回はセルライトの真実を通じて、もむだけダイエットの効果を明らかにします。

 

 

医学的に存在しないセルライト


セルライトという言葉は医学用語として存在しません。医学的にはセルライトと通常の脂肪細胞は同じものです。このためセルライトという言葉が作られたのは、美容業界が金稼ぎのためだという考えも蔓延しています。

 

セルライトと通常の脂肪細胞が同じ場合、両者の違いは「大きさ」だけです。脂肪が大きくなるときは、ブドウの房のようにくっつきぼこぼことした表面になります。この大きくなった脂肪細胞が「セルライト」と呼ばれています。

 

医学的にはセルライトと脂肪細胞には違いはなく、通常のダイエットでセルライトを減らせるといわれています。しかし皮膚の下に巨大な脂肪があると、当然ながらリンパ線や血管を圧迫します。リンパ腺は体内の老廃物を排出するための大切な管です。脂肪燃やし効率的にエネルギーに変換するためにも、リンパ腺や血管の流れがスムーズであることが重要です。つまり脂肪が大きければ大きいほど、脂肪は燃えづらくなっているといえます。

 

つまり「医学的にセルライトと呼ばれる特殊な細胞は存在せず、脂肪同士がくっついた巨大な脂肪があるだけ。しかし通常の脂肪よりも巨大な脂肪は燃えにくい」ということが本当の話のようです。

 

 

もむだけダイエットの効果はあるのか

美容業界でセルライトと呼ばれる巨大脂肪細胞が燃えにくいのは、リンパ腺や血管が圧迫されるためです。つまり巨大脂肪細胞付近のリンパ腺の流れがスムーズになれば、脂肪は燃えやすくなります。

 

内側からリンパの流れを促す運動では、巨大脂肪細胞には太刀打ちできません。このため外側からもんでリンパの流れを刺激することが効果的です。

 

 

もむだけダイエットの方法

  • 痛くない程度にもむ

あまり力を込め過ぎてしまうと、筋肉や皮膚を傷めてしまう原因になります。痛くない程度にもみましょう。強くもむよりも、毎日続けることのほうが大切です。

  • つまんで揉むのが効果的

リンパの流れを促すためには、ただ揉むよりつまんで揉んだほうが効果的です。

  • 手首が痛い方

手首が痛い方などは、専用のマッサージグッズを使いましょう。電動のマッサージ器具も数多く販売しています。