ダイエット目標の立て方、間違えていませんか

ダイエットで目標を決めることはモチベーションを保つためにもとても大切。けれども目標を立てて頑張ろうとしているのに、なぜか続かないということがありませんか。実は目標の立て方によっては、やる気が削がれてダイエットが続かない原因になることもあります。
このページでやる気の出る目標の立て方をご案内します。ポジティブ気持ちでダイエットを楽しみましょう。

 

 

ダイエットで結果を求めてはいけない

とてもおかしなお話なのですが、ダイエットで結果を求めてはいけません。

 

「痩せるためにダイエットしてるのに、痩せることを考えてはいけないの?」と疑問に思うかもしれません。そうです。ダイエットで「〇kg痩せたい」や「〇cmウェストを細くしたい」と考えることは、ダイエットの失敗のはじまり。
なぜなら体の不調、避けられない食事の誘い、痩せやすさなど、本人の努力ではどうしようもない要因が絡んでくるためです。「〇kg痩せなかったから、私はダメな人間」と本人に原因はないにも関わらず自己否定に向かう可能性もあります。

 

ダイエットで目標をたてるのならば、「1日のカロリー摂取を〇〇kcalに抑える」や「スクワットを〇回こなす」というような行動にしましょう。行動であれば自分で制御することおできます。第3者に邪魔されたとしても、別日に摂取カロリーを減らしたり運動回数を増やしたりなど調節することができます。

 

 

目的と目標の違い

ダイエットで結果を求めてはいけませんが、「〇kg痩せたい」といった目的を定めることは大切です。

 

目的とは、最終的に到達したいことがらのことを指します。目標とは、目的に到達するためのステップです。「1日のカロリー摂取を〇〇kcalに抑える」は目標に分類されます。

 

上記の述べたように、目的到達に執着しすぎるとやる気がなくなってしまいます。このため目的にはこだわらず、毎日の目標をこなすことに集中しましょう。旅でいえば、設定した目的地に到達することは期待せず、道中を楽しむことに集中することが大切となります。

 

 

正しい知識で計画をたてる

ダイエットで重要なのは知識です。

 

地図上で目的地を決めたとしても、そこに到着するための工程が大切になります。バスで行くのか、飛行機で行くのか、どのような経路で進むのか、いきあたりばったりでは時間がかかります。

 

それはダイエットでも同じ。見切り発車ではじめてしまうと、目的に到達できるのか不安になり、何度も目標を修正することになります。計画の微調整は大切ですが、大幅な計画変更を繰り返すといつまでたっても目的に到達することはできません。毎日どれだけ食べるのか、運動をすればよいのか、しっかりと情報を集め計画することにより、日々の目標に集中することができます。