ストレス食いが一番危険

 


順調にダイエットが進んでいたのに、ちょっとしたことがきっかけでやけ食いしてしまったことはありませんか。

 

それはストレス食いです。ダイエットを続けていくとどうしてもストレスが溜まってしまうため、ちょっとしたことでストレスが爆発し、やけ食いをしてしまうことはダイエットをしている人のほとんどが経験することでしょう。

 

ストレス食いをしてしまうと自己嫌悪に陥って気分は最悪、体重も増えてしまい、まさに踏んだり蹴ったりです。

 

そんなストレス食いを防ぐにはどうしたらよいかのでしょうか。

 

 

自分を必要以上に追い込まない

 

ダイエットを成功させるには、ある程度自分を律しなくてはなりませんが、必要以上に自分を追い込んでしまうとストレスが爆発して危険です。よほど精神力が強い人でなければ、こんなに食べ物があふれている世の中でダイエットを続けることが至難のワザであることをまず認識しましょう。

 

ダイエットをした人の中で成功したと感じられる人は、何と9%程度と言われているので、いかにダイエットが難しいことかわかっていただけると思います。100人でダイエットを初めて成功できるのがそのなかのおよそ9人だけというのですから、かなり低い成功率ですね。

 

あまり自分を甘やかすことは禁物ですが、少しでもダイエットが成功したら、自分を褒めてあげても良いのではないでしょうか。

 

 

ダイエットをしたいと考える人は、食べることが大好きな人が多い

 

ダイエットをしている人の多くは、必要以上に体重が増えてしまっているからだと思います。その原因は、甘いものをはじめとした食べ物を食べ過ぎてしまったことがほとんどでしょう。そういった方は食べることが何よりも大好きな方のはずです。大好きなことを制限しなければならないことは、人間にとって大変大きなストレスです。

 

食欲は、人間の本能です。特に女性は、男性よりも食欲が強いと言われています。あまりに強い食事制限は、ダイエットにとってかえって良くないことを頭に入れておいてください。

 

 

週に1度は、好きなものを食べても良い日を作ろう

 

ダイエットを上手く成功させるために、ストレスを上手くコントロールすることが大切です。食べること以外でストレスが解消できれば良いのですが、食べることが大好きな人にとっては、なかなか難しいと思います。そこでストレスを上手くコントロールするために、週に1度、好きなものを思いっきり食べてよい日を作りましょう。

 

ただし、その日は身近にあるものを食べるのではなく、本当に自分が何を食べたいのかをよく考えて決めましょう。自分が今、食べたいものは何か、自分に自問自答して本当に食べたいものだけを食べるようにしてください。そうすることで、心も体も満足し満たされていきます。決して手近なもので間に合わせないようにしましょう。自分の気持ちを知ること、大切にすることがストレスをコントロールしダイエットを成功に導いてくれる鍵と言えるのではないでしょうか。