ストレッチには脂肪を燃やす効果はない!

ストレッチには脂肪燃焼効果や筋肉増量効果はありません。食事制限のほうがカロリーを減らすことは出来ますし、筋トレのほうが筋肉増量に効果的です。このように一見ダイエットで不要な運動にも思えるストレッチ、しかし「痩せる身体作り」から考えると重要な運動です。

 

このページではあらためてダイエットにおけるストレッチの立ち位置について考えてみたいと思います。筋肉を伸ばす意味を考え、ストレッチの効果を最大限に引き出しましょう。

 

 

ストレッチで期待できるダイエット効果

ストレッチで期待できることは、ずばり血行促進による老廃物の排出です。身体をほぐしリンパと血行の流れをスムーズにすることで、細胞間の吸収・排出もスムーズに行うことができます。結果、老廃物が溜まりにくくなり、太りにくい体を作ることができます。

 

ストレッチは脂肪が原因のダイエットでは目に見える効果はありません。しかし水太りやむくみが原因によるダイエットには効果的な運動です。

 

 

リラックス効果のある静的ストレッチ


体育の授業でよく行った、前屈や開脚などの柔軟運動。あれらは「静的ストレッチ」と呼ばれています。

 

現代では運動前に静的ストレッチを行うことは、運動時の筋肉の動きを低下させてしまうと考えられています。運動とは筋肉の伸縮の繰り返しです。激しい運動直前に、静的ストレッチで筋肉を伸ばしっぱなしにしてしまうと筋肉の伸縮力が低下してしまうのです。

 

静的ストレッチはリラックスと新陳代謝に高い効果が期待できる運動です。就寝前に10分だけでも静的ストレッチを行えば、睡眠の質を上げ消費カロリーを増やすことができます。睡眠の質が良くなれば、日中の活動時の食欲抑制や成長ホルモンの分泌増加により痩せやすい身体になれます。

 

 

 

運動前には動的ストレッチ


運動前に行うとよいのが、「ラジオ体操」などが代表的な動的ストレッチです。心拍数をあげ体を温めることにより筋肉を動かしやすくします。筋肉トレーニングの効果を高めたいのならば、有酸素運動か動的ストレッチを筋トレ前に行うとよいでしょう。

 

 

ストレッチは痛くなればなるほどいいは嘘!

ストレッチで体を柔らかくするには、痛みを我慢しないといけないと思い込んでいる人がいます。激しい痛みを伴うストレッチはやりすぎてしまうと筋肉の損傷を引き起こす可能性があるので、おすすめできません。

 

ストレッチで大切なのは「痛み」よりも「続けること」です。まずは自分の負担にならない程度に身体を伸ばすことからはじめましょう。痛みは「会話ができる程度の痛み」まで抑えておきましょう。

 

 

まとめ

ストレッチには直接的なダイエット効果はありませんが、続けることにより太りにくく痩せやすい身体を作ることができます。運動前には動的ストレッチを、就寝前には静的ストレッチを行うようにしましょう。