「続かない原因」は生活にヒントがある

頑張っているけれど、ダイエットが続かないと悩んでいませんか。もしかしたらダイエットの方法ではなく、それ以前に問題があるかもしれません。ダイエットを続けてもなかなか痩せずに悩んでいたのに、睡眠時間を長くしただけで活力を取り戻し運動するようになったおかげで痩せれた、ということもあります。ダイエットは生活の延長線上にあります。生活がおろそかになり余裕がなくなれば、ダイエットに取り組むことはできません。

 

今回はダイエットが続かない根本的な原因と解決方法についてご紹介します。

 

原因①ストレスによるダイエット失敗

ダイエットが続かない原因として上位に入るのが、ストレスによる無気力状態です。将来への不安感、仕事のストレス、人間関係による疲れ、小さなストレスも重なり大きくなると解消する時間もかかります。

 

 

ストレスがたまるとまず集中力がなくなります。あれもこれもと不安が顔を出し、運動に集中できません。また他で我慢しているぶん、食事に関しての我慢ができなくなります。ストレス解消のためにドカ食いに走ります。ストレスを抱えたままダイエットに取り組むよりも、ストレスを解消してからのほうがダイエットに取り組みやすいです。

 

 

ハードな生活のなかでどうしても痩せたいという方は、ダイエットの前に瞑想などのメンタルトレーニングを取り入れてみることをおすすめします。もしくは食事制限はせずに、ヨガやウォーキングなどの有酸素運動に取り組んでみましょう。ほどよい運動はストレス解消につながります。

 

 

原因②睡眠不足によるダイエット失敗

身体が毎日だるくて、運動も食事制限もやる気が出ない方は、もしかしたら睡眠不足なのかもしれません。睡眠を変えるだけで毎日のパフォーマンスが変わります。睡眠を馬鹿にはできません。

 

 

よりよい睡眠のためには、5感を整えることが大切です。強い刺激を与えないように入眠前のスマホは避ける、リラックスできる香りを炊く、音が聞こえないように耳栓をつける、寝具や寝間着を湿気がこもらない触り心地のよいものにする、などできることはたくさんあります。

 

朝から疲れが抜けず、疲れ切ってダイエットにも取り組めないという方はぜひ、睡眠生活から見直してみてください。

 

 

原因③知識不足によるダイエット失敗

前知識が間違っていれば、どんなにダイエットを頑張っても期待する効果は得られません。ダイエットは食べるのを我慢すればするほど痩せられると思っていませんか。過度な食事制限は、ダイエット失敗につながります過度な食事制限は疲れやすい身体を生み出してしまいます。。

 

カロリー制限は、脂肪とともに筋肉を落とします。体力をつけるために運動に取り組んでも、筋肉を作る栄養が足りません。栄養不足の身体は常に疲れやすく、気力も湧きにくいです。

 

 

ダイエットの成功率を高めたいのならば、ダイエットに関する正しい知識を身につけてから取り組みましょう。ダイエットだけではなく栄養、睡眠、筋肉など多方面の知識を得れば、おのずと自分にあったダイエット方法が分かってきます。