ダイエットと肌荒れの関係

 

一生懸命にダイエットを行って成功したのは良いけれど、お肌がボロボロになってしまったなんて経験はありませんか。

 

誤ったダイエットをすることで肌荒れを引き起こしてしまうことがあるので注意してください。ダイエットは本来、健康に美しくなることです。たとえ体重が減ったとしても、肌が荒れてしまい外出するのも嫌になってしまうと本末転倒です。

 

ダイエットをしながら美しいお肌を保つにはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

第一の原因は、誤った食事制限

 

ダイエットをしようと考える場合、まず初めに食事制限ダイエットを考える方が多いのではないでしょうか。もちろん、体重を落とすためには食事制限が一番効果が高いと言えます。しかし、やみくもな食事制限は、体のために必要な栄養素をとることができなくなり、お肌にも大きな影響を与えます。

 

 

肌荒れ防止のためにとるべき栄養素

 

ダイエットをしても肌荒れを起こさないためにはどんな栄養素が必要なのでしょうか。

 

 

タンパク質

筋肉だけでなく、お肌をつくるコラーゲンのためにも大切な栄養素です。成人女性は、1日に50g程度のタンパク質を摂取する必要があると言われています。

 

タンパク質は、体やお肌をつくるためだけでなく、免疫力や代謝を上げるためにも大切です。また、自律神経を整えるためにも必要です。

 

タンパク質が不足していないか、きちんとチェックしてみてくださいね。

 

 

炭水化物

炭水化物抜きダイエットが注目されていますが、きれいな肌になるためには炭水化物は不可欠です。ダイエットなどで炭水化物が体に入ってこなくなると人間の体は、タンパク質を代わりにエネルギーとして使うようになります。

そうなると今まで肌作りに使われていたタンパク質が、エネルギー減として使われてしまい肌作りとしては不足してしまうのでお肌が荒れてしまうのです。

 

また、炭水化物に含まれているデンプン、食物繊維なども不足してしまいます。腸内環境の悪化につながって腸内に悪玉菌が増え、便秘や肌荒れを起こしやすくなります。

 

 

ストレスも肌荒れの大きな原因

 

たとえ栄養バランスを完璧にしながらダイエットを行ったとしても、無理な我慢は大きなストレスを産むことになります。

 

睡眠不足や必要以上にダイエットの出来不出来を気にすることもストレスなるので気をつけましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

つらい食事制限を頑張っておこなって、たとえ体重を減らすことができたとしても、お肌がボロボロでは、何のためのダイエットかわかりません。

健康で美しくなるためには、ダイエットも無理は禁物です。栄養バランスやストレスをためないように気をつけながらダイエットに取り組んでくださいね。