半身浴はダイエットの天敵「冷え性」に効果的

ダイエットの天敵は「冷え性」です。

冷え性が起きる原因は、血液やリンパがきちんと循環していないため。血液やリンパ線は老廃物を排出する役割を持ち、循環しなければ余計な水分や脂肪が体に蓄えられることになります。
冷え性の人は、減量に成功してもむくみなどのせいで見た目に変化が表れにくいこともあります。

 

最も手軽で、冷え性改善に効果があるのは「半身浴」です。お風呂は毎日入りますから、生活に取り入れやすくもあります。
半身浴は血行をよくし、指先・足先まで温める効果があります。身体のめぐりが整えられ新陳代謝が正常になれば、肌もつるつるになります。さらに半身浴は、自律神経を整え睡眠の質をあげる効果も期待できます。

一石三鳥にもなる半身浴は、ダイエットでは強力なサポーターとなります。

正しい半身浴で、むくみを解消させてダイエットの効果が目に見えて分かるようにしましょう。

 

 

正しい半身浴の方法

 

水分補給を忘れずに


入浴30分前の水分補給を忘れずに行いましょう。コップ一杯程度の水を飲んでおきます。できれば内臓の負担をかけない、白湯がおすすめです。
入浴中も喉が渇いたらすぐに水分補給できるようにしましょう。ペッドボトルを持ち込むのがおすすめです。のぼせやすい人は、見ずで濡らしたタオルを頭にのせるとのぼせにくくなります。

 

身体を冷やさない

室温が低いと上半身が冷えてしまい汗をかけません。浴室は程よく温めておきましょう。
お湯は38~40度のぬるめの温度で、量はみぞおちの辺りを目安に。

入るときはかけ湯をしてから入りましょう。冷えている身体で入ると、血圧が急上昇し体に負担がかかります。

上半身は塗れると冷えやすくなるため、濡らさないように。両腕もバスタブから出しておきましょう。半身浴は下半身を中心に温めるものですが、上半身も冷めないようにつけましょう。頭だけが出るように、工夫して蓋をすればさめにくくなります。蓋がついていないお風呂場の場合、乾いたタオルを肩にかければ冷え対策できます。
ビニール傘を使えば簡易サウナを浴室に作ることができます。上半身の冷えを防止し、身体全体を温めることができます。

 

 

時間制限が重要

食後すぐに入浴しないように注意しましょう。食後の後は、血液が胃腸にあつまり活発にはたらいている時間です。半身浴は血液の循環を促すため、胃腸に血液が集まらず消化不良を起こす場合があります。半身浴は食後の30分~1時間、時間をおきましょう。

 

入浴時間の目安は20~30分間。入りすぎると肌がふやけてしまって、乾燥肌の原因となったりします。じんわりと汗をかき始めたら身体が十分温まった合図。20分経っていなくとも、あがってしまって大丈夫です。
入浴は意外と体に負担がかかります。30分以上入る場合は休憩をはさむようにしてください。30分入ったら水分補給もかねて5分程度休憩しましょう。

 

肌の乾燥が気になる人は入浴時間を短めにしましょう。15分程度で切り上げるのがよいでしょう。お風呂の後は、ボディクリームで全身の保湿を忘れずに。

 

 

半身浴の効果を高めるためにできること

 

ダイエット効果を高めるためにマッサージ

ふくらはぎやお尻などにこびりつく、なかなか落ちない気になる脂肪やセルライト。
湯船に入りながらマッサージやストレッチをすると、身体のめぐりがよくなり凝り固まったセルライトをほぐすことができます。

 

 

リラックス効果を高めるためにアロマオイル

リラックス効果を高めたいのならば、アロマオイルを湯船に3~5滴垂らすのがおすすめです。毛穴の汚れを落としたいのなら重曹も効果的です。リラックス効果が高いのはラベンダーやローズウッド、ゼラニウムなどです。

 

 

半身浴の一番の魅力は、ゆっくりとリラックスし体をいたわる時間を作れること。忙しいため毎日シャワーで過ごしている人も、一週間に1回でも習慣としてみてはいかがでしょうか。