ダイエットの成功は計画で決まる

ダイエットが成功するかしないかは、どの前の計画がカギとなります。いかに自分に合わせた計画をたてるかによって、ダイエットの難易度が変わります。

仕事で忙しい人が1時間のエクササイズを毎日続けることは難しいですし、生活でストレスを抱えることが多い人が間食を我慢することも難しいでしょう。このようなダイエットは、計画段階から失敗がみえています。

それでは減量のためには、どのようなダイエット計画を立てればよいのでしょうか。今回はダイエット計画の立て方のポイントをご紹介します。

 

毎日続けられるか

ダイエットは毎日続けられることからはじめましょう。当たり前の話ですが、意外にもできている人は少ないです。

  • 毎日30分のウォーキング
  • 間食の我慢
  • 毎日20分の筋肉トレーニング

上記は、ダイエットで立てがちな計画ですが、実は失敗しやすい計画の立て方です。日ごろから運動を習慣としている人であれば、毎日のエクササイズも続けやすいでしょう。しかしほとんど運動をせずに、お菓子も毎日食べていた人が、いきなり毎日ウォーキングや筋肉トレーニングなど続けるのは難しいです。

頑張って毎日続けていても、残業の後や、トラブルに見舞われた日などは、ついつい食べ過ぎたり運動をサボったりしてしまいます。そのあと、なかなか再開できるダイエットを諦めた、という話もよく聞く話です。

このためダイエットは「毎日続けられるもの」ではなく、「疲れていても毎日続けられることから」はじめましょう。

 

  • ウォーキングウェアに着替える
  • お菓子を食べる前にカロリーを計算し紙に書くようにする
  • 筋肉トレーニングを1回だけ取り組む

 

などです。実際にお菓子を食べても、身体を動かさなくても、上記を満たしていたら問題ありません。

 

毎日続けていると習慣になり、続けることが苦にならなくなります。習慣になったら、どんどん歩く距離や回数など負荷を増やしていけば、必ず結果にあらわれます

 

好きなことをあきらめていないか

ダイエットでは、大好きなチョコレートやゆったりとしたリラックスタイムなど、自分の好きな食べ物や好きな時間の過ごし方を諦めないようにしましょう。

ダイエットで失敗しがちな人は、いきなりすべてのお菓子を我慢したり、せっかくリラックスできる時間をすべて運動に使おうとします。

しかし人間は我慢が続けられない生き物です。自分の大好きなものを我慢し続けるダイエット生活を続けることは、まず不可能だと考えてください。

成功するダイエットのために、自分の好きなことを続けながら、痩せられるダイエット計画をたてましょう。チョコレートを食べても、積極的に体を動かさなくても食生活の工夫しだいで健康的に痩せることはできます。