飽き性でダイエットが続かない

 

色々なダイエット方が、新しく出ては消え新しく出ては消えを繰り返しています。その中であなたはどれだけ試したことがありますか。

 

世の中には、数え切れないほどのダイエット法があり、そのすべてを試すことは不可能に近いと思われます。本当は、自分に合ったダイエット法が簡単にわかれば良いのですが、それがわからないからみんな苦労をしているのでしょう。

 

そんな中で、飽き性で一つのダイエット法が続かない人はどうしたら良いのかを考えてみましょう。

 

なぜ人間は、飽きてしまうのか

 

そもそも、なぜ人間は飽きてしまうのでしょうか。

 
人間は、初めて知ることや行うことに対しては、大きな喜びを感じるようにできている生き物です。そのため、同じことを体験しても喜びが初めての時のように感じられません。

 

一つの事に執着しているよりも、さまざまことを経験しておくことの方が、変化する環境に適応しやすく生き残っていける確率が高いからだと考えられています。

 

そのため、一つのダイエット法を続けていると飽きてしまうのです。

 

 

ダイエット自体に楽しみを感じにくい

 

自分が考えていた以上にスルスルと体重が落ちていけば、ダイエットにも飽きがこないのでしょうが、なかなか思い通りにいきません。むしろ計画通りにダイエットを進めようとすると食欲を我慢するなど耐えなければならないことが出てきます。そうなってくるとダイエットを続けようとするモチベーションもだんだんと落ちてきてしまうのです。

 

 

 

ダイエットに飽きてしまったらどうしたらよいのか

 

では、一つのダイエット法に飽きてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

 

 

ダイエット法を変えてみる

人間は、新しいことに対して楽しみを感じる生き物です。何度も行ったことがある観光地よりも、一度も行ったことのない所に行きたいと思うのはそのためです。

 

 

一つのダイエット法に飽きてしまった場合は、たとえ自分に合っていると思えても一度思い切って変えてみましょう。新しいダイエットには、今まで挑戦したことのない方法を選ぶとより効果的です。

 

 

たとえば、今まで一度もやったことのない登山に挑戦する、バレエを始めてみる、新しいジムに通ってみることも良いかもしれません。

 

 

行っているダイエット法を自分なりにやり方を研究して工夫してみる

 

ノーベル賞をとるような研究は、それこそ何年も何年も飽きずに続けなければ成功しません。そういった研究者は、なぜ一つの研究に飽きないのでしょうか。それは、一つの事項に対してあらゆる角度から追及しようとするからです。いつも同じようなやり方で研究を行っているわけではないのです。
 

同じようにダイエット法も工夫してみましょう。食事療法でダイエットしているならば、より空腹感を感じにくい方法は何かないのか、より美味しく満足感を得られる調理法を考えるなど追及の仕方も多様にあります。

 

まとめ

 

ダイエットは、長く続けて成果をだしていく方が良いと言われています。人間は飽きてしまう生き物ですから、ダイエットを続けるためにも、さまざまな工夫が必要です。

 

ダイエット法を研究することが楽しみというくらいになると良いかもしれません。