ダイエットは続けることが難しい

 

ダイエットを一念発起して始めた場合、最初はある程度の成果が出せるのですが、それ以降ダイエットを続けらず途中で挫折してしまったという話をよく聞きます。

ダイエットは、成果を出すよりも続けることが難しいと言われています。ダイエットを続けるモチベーションを保つにはどのようにしたらよいのでしょうか。

 

 

モチベーションを保つには、続けることでうれしいご褒美が間っていないと難しい

 
世の中には、色々なタイプの人間がいますので全くないとは言えませんが、あることを続けていても何の楽しみや喜びも得られないとモチベーションを保つことは難しいのではないでしょうか。

 

甘いものが大好きな人は、甘いものを食べると美味しいと感じて幸せな気持ちになるのでついつい食べ続けてるし、映画を見たり漫画を読んだりするのは、ワクワクしたり心が感動するからです。

 

憧れの人がいてスレンダーになり、どうしても振り向いてもらいたいというくらいの強いモチベーションがある方は、かなりきついダイエットでも強行できると思います。

 

 

 

ダイエットを続けられる自信がないという方は

 

ダイエットに対してそこまで強いモチベーションを保ち続けられる自信のない方は、自分でダイエットを続けるための自分に対するご褒美を考えるようにしてみましょう。

 

例えばウイークデーは、糖質制限した食事で甘いものを一切食べないけれども、休日には好きなだけスイーツを食べるとか、理想体重になったら、ちょっと高めのお洋服やバッグを購入するなど、ご褒美を用意してみましょう。

 

 

ダイエットの記録もモチベーションアップには有効

 

どうなるかわからないものや変化が見られないものに対して、人間はモチベーションを保つことが難しい動物です。

 

そのため、ちょっとしたことでも記録することがモチベーションを保ち続けることになります。例えば、毎日体重を測って記録してみる。できれば、その日あった出来事も記録しておくとどういったときにダイエットが上手くいくのかという貴重な資料を手に入れることができます。一口にダイエットと言っても、人によって効果のあるものが違いますので、自分に一番向いているダイエット法が見つかるかもしれません。

 

ダイエットが上手くいかなくても、記録していることで改善点が明らかになり、探求心が強い方なら強いモチベーションアップになるでしょう。

 

最近では、入力するだけで簡単にダイエットの成果をグラフなどにしてくれるアプリなどがありますので、そういったアプリを使うこともおすすめです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

自分だけが意志が弱いとダイエットするたびに自己嫌悪になっていませんか。あなただけではありません。意志が弱いと思うならば、その特性に合わせたモチベーションアップ方法を考えてみてください。

 

ちなみに私は、週末スイーツ三昧ダイエット法が一番効果的でした。