ダイエットでは当たり前となったつま先立ちダイエット

ダイエットに効果があるといわれているつま先立ち。補助的なダイエットグッズであるかかと部分が切り取られたスリッパが100均で販売されるほど当たり前の存在となりました。
筋肉は鍛えすぎると太くなるといいますが、つま先立ちダイエットはそんなことありません。その証拠に、常につま先立ちでいなければならないバレリーナの足は細くすらりと美しいです。

つま先立ちダイエットの効果

つま先立ちダイエットは、ふくらはぎの筋肉を鍛える効果があるダイエット方法です。
生活のなかでもよく動かすこの部分はは血を流すためのポンプのような役割をしています。その働きから全身に血を巡らせるふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれています。心臓だけでは全身に血液を送ることは難しく、補助的な役割としてふくらはぎの筋肉が活躍するのです。このためふくらはぎを鍛えると血行がよくなります。

さらにふくらはぎを鍛えれば連鎖的に他筋肉が鍛えられ、脚痩せやヒップアップにも効果があります。つま先立ちを実践した方たちは、体重減少よりは「お腹がへっこんだ」や「ヒップアップした」など見た目の効果を上げる言葉の方が多いです。

だからといって脂肪燃焼の効果がないわけではありません。筋肉を鍛えるわけですから、普通に生活するよりはカロリー消費は多くなります。

 

 

つま先立ちダイエットの方法

つま先立ちダイエットはただつま先立ちをするだけではありません。正しい姿勢(あごをひき、お腹に力を込めて、骨盤を立たせ、お尻を引き締めている姿勢)でつま先立ちをし歩く必用があります。
つま先立ちは慣れないうちはバランスがとりづらく、転倒の危険があります。慣れないうちは気を付けてください。

かかとが切り取られたダイエットスリッパは、意識せずに自然とつま先立ちに近い状態になれます。つま先立ちが難しい方は試してみましょう。

 

 

ハイヒールは効果があるの?

つま先立ちの姿勢は、ヒールを履いている姿勢と酷似しています。このためヒールがある靴を履くのもダイエットに効果的だといわれています。

しかしただハイヒールを履けばダイエットになるわけではありません。姿勢がゆがんでいたりすると逆効果のため、歩く姿勢に気を付けなければなりません。

 

 

正しくハイヒールで歩けているかの確認方法

いつも履いているヒールのある靴の底を見てみましょう。ゴム底の外側か内側が極端にすり減っていたりしていませんか。そのようなときは、歩く姿勢が歪んでいるので、改めて歩き方を見直してみましょう。

 

 

正しいハイヒールの歩き方

1,頭から糸でつられている意識で、頭からお尻までまっすぐした姿勢で立ちます
2,足を踏み出す際つま先を下したまま、つま先から足を下します
3,後ろ足でぐっと体を押して、前に重心を移動させます。この時踏み出した足(前足)の親指側に体重を乗せます
4,これらを膝を伸ばしたままでこなしてください
5,後ろ足を前に出す。(この時膝を曲げてもOK)膝同士を擦らせて後ろ足を前に出します
6,以上の動作を繰り返します

 

 

ハイヒールを履いても足が疲れにくくなる方法

ハイヒールを履き続けると、すぐに足が疲れたりつったりする方がいます。これらはアキレス腱が原因の1つであることが、イギリスのマンチェスター・メトロポリタン大学の研究で明らかにされました。

「ハイヒールを定期的には履くチーム」と「まったく履かないチーム」に分け違いを調べたところ、ハイヒールを履くチームのほうがアキレス腱の筋繊維が13%短かったそうです。
常につま先立ちのためふくらはぎに負担がかかってしまうため、ふくらはぎが固くなり足全体が疲れやすくなっていたのです。毎日のストレッチを行えば、硬くなることはありません。

また他にも疲れないようにする方法があります。
1,履くときに足の指を伸ばすことを意識。縮こまったままだと、靴擦れの原因となります
2,足の裏の筋肉を鍛える。足の筋肉を固くしないように、ストレッチと筋トレをおこないましょう
3,内股にならない。内股のままハイヒールを履くと外反母趾の原因になります。またヒップが垂れるので注意しましょう

 

 

靴擦れを避けるためには

靴擦れを避けるためには、靴擦れしない靴を探すのが大切です。

①かかと
②足の甲
③親指の付け根
④親指の側面
⑤足指の間
⑥足指の甲
⑦小指の側面
⑧小指の付け根
⑨足裏の指の付け根

以上の点を、試し履きの際違和感がないか確認しましょう。違和感があれば別の靴を試すか、インソールで対策ができないか店員さんに相談するとよいでしょう。

日常の姿勢を工夫するだけで、だらしない体はメリハリのある体に進化します。それだけじゃなく美しい姿勢・歩き方は貴方の女っぷりをあげてくれます。美しく見えるために、日ごろの動作の細かいところまで確認してみてはいかがでしょうか。