イメージトレーニングでやる気を高めよう

イメージトレーニングは一流のアスリートも実践している、トレーニング方法です。初心者の私たちでも、イメージトレーニングを活用することで、ダイエットのやる気を高めたりすることができます。

 

 

今回は初心者でも実践可能なイメージトレーニングの方法についてご紹介します。イメージトレーニングによって感情のコントロールをマスターできると、ダイエットだけではなくビジネスやプライベートの場面でも役立てることができます。

 

 

運動に取り掛かるイメージはやる気を高める

減量のためのヨガやウォーキングに取り掛かる前に、運動に取り掛かっている自分をイメージするとやる気を高めることができます。

 

ただし単純にイメージするだけではいけません。同時に今まで自分が嬉しいと感じた出来事を思い出すようにしましょう。そのさい嬉しいという感情もよく思い出すようにしてください。

 

 

運動前に嬉しい記憶を思い出すようにすると、脳は運動が楽しいものだと思い込みます。勘違いした脳は運動そのものが楽しいと感じるようになるため、運動へのやる気を高めることができます。

 

 

行動と感情はくっつけられる

人間の記憶は切り離したりくっつけたりできます。例えば大好きなお菓子を食べた感情を思い出しながら、好みの香水の香りを嗅ぐことを習慣にします。

 

 

1回嗅いだだけでは効果はありませんが、毎日繰り返すことで記憶がくっつけられます。何度も繰り返すことで香水の香りをかぐと、大好きなお菓子を食べた嬉しい感情が自然と湧き上がるようになります。

 

 

香りと喜びの感情を紐づけておくと何かと便利です。例えば大切なプレゼンテーションの前など、香りをかぐだけでリラックスできるようになります。

 

 

イメージトレーニングの注意点

イメージトレーニングはダイエットでとても役立ちますが、使い方を間違えるとやる気を失わせる原因にもなります。

 

 

遠すぎる目標をイメージしない

自己肯定感が低い方は、高すぎる目標をイメージしないように注意しましょう。自己啓発本などでは、成功した自分を強くイメージすることは推奨されていることが多いです。しかし遠すぎる目標は、やる気と自信を失わせます。イメージトレーニングを始めたての方は、すぐに達成できる目標をイメージするようにしてください。

 

 

行動の先の到達点をイメージをする

イメージトレーニングのイメージは、現在取り組んでいる運動や食事制限を続けた姿を想像するようにしましょう。モデルのようなプロポーションになって男性に言い寄られる自分や、年収1送円の自分など、あまりに非現実的なイメージは現実逃避につながります。

 

 

イメージを現実で実現させるためには、自分の行動の先に到達する成功した姿をイメージするようにしましょう。