肩甲骨ダイエットとは

 

ダイエットを頑張っているのになかなか成果が出ないという方の中で、肩こりがひどいという方はいませんか。肩こりがひどい人は、身体の代謝が悪い人が多いためダイエットの成果もなかな出にくいようです。まずは、身体の代謝を良くしてみましょう。

 

肩甲骨ダイエットとは、肩甲骨をしっかりと動かすことによって代謝を良くし、脂肪を燃焼させやすくするダイエット法です。

 

やり方が難しくないだけでなく、肩こりや冷え性にも効果があると言われています。今回は、この肩甲骨ダイエットについてご紹介したいと思います。

 

 

肩甲骨の秘密

 

肩甲骨は、背中から見ると上の方にある手のひらほどの骨で、三角形のような形をしている平らな骨です。主に腕を動かすことに使われ、背中の肋骨などの他の骨とは大きな関節によってつながれています。肋骨などの骨と連結していないので大きく動かすことができる骨です。

 

骨と連結しているわけでなく、筋肉で支えられているため可動域は大きいのですが、ゆがみやすいという特徴があります。上半身の骨盤とも呼ばれるほど上半身の動きに大切な働きを担う骨なので、動きが悪くなった利すると身体にさまざまな悪影響があると言われています。

 

肩甲骨まわりをほぐしてリンパ液の流れをスムーズに

 

肩甲骨まわりにある筋肉は凝り固まりやすく、リンパ液が流れにくい原因となると言われています。そのため、肩甲骨を動かし、肩甲骨まわりの筋肉をほぐすことが効果的です。

 

仕事や勉強の合間に肩甲骨を何回か上下させるだけでも、筋肉をほぐすことができますので、気が付いた時にこまめに行ってみてください。

 

やり方は、簡単です。座ったままで良いので肩甲骨を持ち上げることを意識しながら肩を上げ下げしてください。背筋をしっかりと伸ばし、大きく深呼吸しながら行います。

 

肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞を活性化させよう

 
肩甲骨まわりには、褐色脂肪細胞と呼ばれる体内エネルギーを熱に変える働きの細胞が多くあります。肩甲骨を動かして褐色脂肪細胞の働きを活性化させましょう。

 

肩甲骨を上下に動かすには、背伸びも効果的です。

 

手のひらを上に向けて組み、大きく深呼吸をしながら上へと伸ばしましょう。食事前に行うと効果的なので、初めは朝食、昼食、夕食前に1分間ずつ背伸びを行ってみてください。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

肩甲骨ダイエットは即効性はありませんが、いつでもどこでも手軽に行うことができるダイエットです。肩こりや冷え性に効くなど多くの女性が抱えている悩みを解決してくれることもうれしいですね。

 

ちょっとしたすき間時間を見つけてこまめに肩甲骨を動かすようにしてみてください。