プチ贅沢で暴飲暴食を食い止めよう

ダイエット失敗の原因の1つが、我慢の爆発です。ダイエットでやる気を出すのもよいですが、いきなり厳しいカロリー管理を実施してしまうと、我慢の限界を迎えたとき反動で暴飲暴食に走ってしまいます。

また自分へのご褒美として甘いものや高カロリーの食品を食べる人も多いですが、ダイエットを続けていくうちに、ご褒美の回数が増えてダイエットに失敗する、というのもよくあるダイエットの失敗です。

ダイエットを続けるためにはプチ贅沢を毎日することをおすすめします。今回はプチ贅沢の方法をご紹介します。

ダイエットで我慢をするなら毎日プチ贅沢しよう

贅沢は毎日するべきです。たまにしか楽しいことがないより、毎日楽しみがあったほうが人生が充実するからです。

しかし毎日お金をかけて好きなものをたくさん食べれば、貯金はできませんし太ります。このため毎日行うのはプチ贅沢に留めておきましょう。

人間は我慢し続けることができない動物です。無理に我慢を続けると、思わぬところで反動が起きてしまいます。

プチ贅沢をおこなえば、我慢の反動も起こりにくくすることができます。我慢続きだと続けられないことも、ふっと息をゆるめる休憩時間を作ってあげると続けやすくなります。

 

毎日のプチ贅沢で200~500kcalのお菓子を食べる

ダイエットで間食は原則禁止です。栄養を補うためにフルーツやナッツ類を食べることもありますが、大体200kcal程度が推奨されています。

200kcalで食べられるお菓子は限られています。フルーツタルトなどの低カロリーなケーキでない限り、ケーキ類は300~500kcalあります。毎日お菓子を食べていた人にとって、いきなり200kcalの制限はストレスを溜める原因です。

ダイエット始めたては200~500kcalのプチ贅沢を毎日続けることをおすすめします。

「500kcalも食べて太らない?」と思われるかもしれませんが、食べたぶんのお菓子も含め食事の摂取カロリーをきちんと管理すれば問題ありません。

1日200kcalと厳しくカロリーを制限するよりも、少し贅沢かと思うぐらいのカロリー設定のほうが続けやすいです。

ただしそれ以外のお菓子は食べないようにしてください。500kcalはギリギリのカロリー設定ですから、少しお菓子を食べ過ぎれば簡単にカロリーオーバーをしてしまいます。

また食事の栄養バランスはきちんと気を配ることも条件です。たんぱく質が不足すると口寂しさを感じることが多くなり、ビタミン類を減らすと代謝が落ちる原因になります。

 

プチ贅沢はお菓子以外でもよし

プチ贅沢はお菓子以外のものでもかまいません。バスタイムに入浴剤を使ったり、ボディケアにこだわったりとあなたなりの贅沢を見つけるとよいでしょう。

お金をなるべく使わずプチ贅沢をするコツは、贅沢だと思う時間を演出することです。

1時間程度何も考えずに紅茶を飲みながらぼーっとするのもよいでしょう。そのさい、カップや器にこだわると、休憩時間が特別なもののように感じます。

見たかった映画を見るのもよいでしょう。そのさいカロリーを守ったワインとおつまみを用意すると、とても贅沢に感じることができます

あなたがしたくてもできなかったプチ贅沢を、ダイエット計画に組み込んでしまいましょう。それがダイエットの楽しみとなり、続けるモチベーションを保ってくれます。