ダイエット中、休日はどう過ごしたらいい?

 

もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィークがやってきますね。皆さんダイエット中の休日をどのように過ごしていらっしゃいますか。

 

休日の過ごし方次第で太りやすくなってしまうことがあるのをご存知でしょうか。そうならないためにも、ダイエット中の休日のあり方について少し考えてみましょう。

 

休日の朝寝坊は、太りやすくなる原因

 

平日は、会社や学校があるため、規則正しい生活を送っているという方も、休日は生活時間が乱れがちではないでしょうか。

 

特に平日はなかなかできない朝寝坊を、休日に楽しもうということで、いつまでもベッドの中でゴロゴロとしている方も多いと思います。実は、この休日の朝寝坊が、大きな太る原因なのです。

 

休日前の夜、遅くまで起きていて次の日は昼過ぎまで寝ていると、普段の生活時間が崩れてしまい、自律神経の乱れを引き起こします。自律神経の乱れは、血流の悪化を招くため、代謝量の低下や便秘、冷えといったダイエットの大敵を招いてしまいます。

 

また、ベッドの中でゴロゴロしているだけでは基礎代謝量以外はほとんどカロリーを消費することもありません。

 

食事時間のずれも危険

 

休日には、起床時間のずれで朝食を抜かしてしまったり、ダラダラと間食をすることで食事の時間に空腹にならないといったことはありませんか。

 

間食はカロリーの高いものが多いだけでなく、食事をきちんととることができないために栄養バランスが悪くなりダイエットだけでなく美容面や健康面にも悪影響を及ぼします。

 

ダイエット中の休日は、朝寝坊も2時間までにしておこう

 

休日にゴロゴロといつまでも朝寝坊をしていたい気持ちはよくわかります。しかし、そんな休日だけを過ごしているとかえって無駄に過ごしてしまった後悔が自己嫌悪を招くなど、かえってストレスを増やしてしまうことになりかねません。

 

休日にもなるべくいつもと同じような時間に起きるようにして、朝には太陽の光を浴びるようにしてください。どうしても休日は朝寝坊が欠かせないとおっしゃる方もせいぜい2時間程度の朝寝にとどめておきましょう。

 

太陽の光を浴びることで「セロトニン」と呼ばれる精神の安定に関わる神経伝達物質の分泌を促し、元気な一日を過ごすことができます。

 

休日には、スポーツや趣味など自分を楽しませることをするようにしましょう。平日とは違う環境で好きなことをすると脳がリフレッシュできてストレスが解消されます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

ゴロゴロと過ごしてしまう休日の朝寝坊がダイエットの妨げとなっているかもしれません。せっかくのお休みこそ脳をリフレッシュするために活動的に過ごしましょう。充実した休日こそがダイエット成功の鍵となるでしょう。