ダイエットに成功したいなら日記を書こう

日記を書くだけで、ダイエットの成功率があがることをご存じでしたか。そもそも考え事を文字に書き出すという作業は、自分の立場や思考を客観的に見つめ、心を落ち着かせる効果があります。

浮かんできたアイデアや、その日にあった良いこと、悲しくてたまらないこと、などを日記に書く作業は、アイデアを磨いたり悲しみを乗り越えたりする力になります。

この日記の効果は同様にダイエットにも発揮されます。ダイエット効果を高める日記の書き方にはポイントがあります。今回はそんなダイエット日記の活用方法についてご紹介します。

 

ダイエット日記で食べ過ぎのタイミングを知ろう

ダイエット日記はこれといった書き方が決まっていません。しかしあなたが間食を減らしたいと考えているのであれば

  • 天気
  • 体調
  • 出来事
  • 食べた間食の量

を毎日書くことをおすすめします。はじめは間食を減らそうと我慢する必用はなく、上記の4つの内容を毎日書くだけでかまいません。

人の気持ちというものは、天候や感情に大きく左右されます。

月経によるホルモンバランスの変化は食欲に影響しますし、トラブルによって気持ちが落ち込んでいるときは、気持ちを持ち直すために間食を食べる量が増えます。

自身が間食を求めるタイミングが分かると、対策がとりやすくなります。

 

ダイエット成功のためにモチベーションより目標を書こう

もう1つ、ダイエットに書くことをおすすめしたいのは、ダイエットの目標です。

  • 最終目標
  • 痩せてから何をしたいか
  • 痩せたあとの気分

などを日記に書くようにしましょう。減量後の生活や気持ちなど、できるだけ詳しく臨場感一杯に書いて下さい。

 

オーストラリアのクイーンズランド大学とイギリスのプリマス大学の研究チームによると、ダイエットは「減量目標」や「痩せた後」を想像したほうが成功率が高まることが分かりました。

ダイエットに成功したいなら、ダイエットに成功した自分をイメージするようにしましょう。

 

人によっては逆にやる気を失うことも

ダイエットに成功したいなら、ダイエットに成功した自分をイメージを書き込むとよいでしょう。

ただし人によっては、遠すぎるゴールにやる気をなくすという人もいます。そういうタイプには、最終目標を書く日記は無意味です。

ダイエットの最終目標を書くとやる気をなくしてしまう人は、日記を書く前に、目標を達成するために毎日できることを設定しましょう。日記には設定したことを毎日こなせているか記録するようにしてください。

遠くの目標を目指すのが好きな人もいれば、目の前のタスクを黙々とこなすことに喜びを見出す人もいます。自分にあった日記の書き方を知りましょう。