女性ホルモンの変化に合わせる生理周期ダイエットは生体サイクルにあったダイエット法

 

いろいろなダイエット法を試してみても、思うような結果を出せない方には、生理周期ダイエットが向いているかもしれません。

 

生理周期ダイエットは、女性ホルモンの分泌量に合わせて行うダイエット法です。人間は、多くのホルモンの影響を受けていますが、特に女性は、生理周期、妊娠、出産などに関わってくるだけでなく、心やお肌の状態、脂肪燃焼にまで女性ホルモンがかかわっていることをご存知でしょうか。

 

そんな女性ホルモンを味方につけた生理周期ダイエットを始めてみませんか?

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(卵胞ホルモン)の働きを知ろう

 

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンがありますが、その2つのホルモンの分泌量によって生理周期が作られます。

 

エストロゲンは、生理の終わりころから徐々に分泌量が増えていき、排卵直前にピークを迎えるホルモンです。エストロゲンの作用で子宮内膜が厚くなり、受精卵が子宮に着床しやすくなるよう妊娠しやすくする体に変化していきます。エストロゲンには、妊娠して赤ちゃんが大きくなるスペースをお腹に作るため、脂肪を減らす作用があります。

 

対するプロゲステロンは、下半身に妊娠、出産する際にエネルギーとなる皮下脂肪を蓄える働きがあります。

 

生理直後の一週間はやせやすい

 

エストロゲンの分泌が増える生理直後は、心の状態も安定しており食欲のコントロールも上手くいく時期です。エストロゲンの作用で脂肪燃焼が良くなり一番やせやすい時期と言われています。この時期に運動をして脂肪燃焼率をさらにアップさせましょう。

 

この時期には、和食を中心としたバランスの取れた食事をとるようにしてください。タンパク質やビタミン、ミネラルの摂取を意識するようにしましょう。

 

排卵後から生理前は代謝が悪くなる

 

排卵後から生理前は代謝が悪くなってしまう期間です。精神的にもイライラしたり、甘いものを食べたくなるなど、ダイエットにはつらい時期ですが、糖分や脂肪分を取り過ぎないように注意しましょう。ダイエットには向いていない時期なので、積極的なダイエットは控えて炭水化物や塩分の摂取を抑えるように心がけてください。

 

生理期間中はおだやかにすごそう

 

生理が始まると体が冷え血行が悪くなります。そのため体重もなかなか落ちにくい時期です。無理をせず、温かいものを摂取して体を温めるようにしてください。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

生理周期を利用して、ダイエットをすると効率的に体重をおとすことが可能です。生理直後の一週間を上手く利用して無理しないダイエットを試してみてください。