カロリー制限はもう古い!

ダイエットといえばカロリー制限!カロリーの高いお肉は我慢が当たり前。
こんなダイエットの常識が壊されていっています。

名だたるモデルが実践する新常識「FNS」

Mirandaさん(@mirandakerr)がシェアした投稿


ミランダ・カー、リリーオルドリッジ、ベハティ・プリンスルーと名だたるモデルたちも実践しているFNSというダイエットの考え方。

FNSとは「Full Not Satisfied」の略で「満足するのではなく、満腹にする」という考え方。食欲を満たすよりも、身体が満足する食事に注目したダイエット法です。

 

一見「満足」も「満腹」も同じではないかと思うかもしれませんが、実は違います。

 

そもそも空腹がなぜ起きるのかというと、食事が足りないと「脳」が訴えているから。本当にお腹が空いているわけではありません。

では脳は「何で」食事が足りないと判断しているのかといえば、それは血液中の糖の値、「血糖値」です。血液中の糖の値は、お菓子の砂糖や白米の炭水化物によって上がります。

この脳から訴えられる食欲に従わず、栄養豊富で低糖質なものを食べることがFNSの考え方です。

FNSではカロリーが高くても栄養があるものを、ほどよく食べることをすすめています。それでは身体が満足するものとはいったいどんな食べ物なのでしょうか。ポイントは3つです。

 

 

ポイント①食物繊維を摂る

胃をいっぱいにして、体を満足させるには食物繊維が豊富な食べ物を食べるとよいでしょう。食物繊維は水分で膨らむため、満腹感を得やすいです。

ご存じの通り食物繊維は、腸内環境を整え、お通じもよくしてくれます。野菜だけではなく海藻類やキノコ類なども積極的に食べましょう。

 

 

ポイント②タンパク質を摂る

大豆などの植物性たんぱく質も、魚や肉の動物性たんぱくしつも積極的に摂取していきたい栄養です。
赤身肉は脂質が少ないうえに、低GI値食品(血糖値が上がりにくい食品)。肌や筋肉の大切な材料のため、カロリーが高いからと避けることはおすすめできません。

 

 

ポイント③カロリーではなく脂質や糖質が少ないものを食べる

これまでのダイエットと違い、FNSではカロリーを重視していません。カロリーが高くとも栄養豊富な食材が巷にあふれているからです。
今まではカロリー制限によるダイエットが主流でしたが、健康志向の高まりにより薄く敷く痩せるダイエットに主眼が置かれるようになりました。

FNSダイエットでは低GI値・低脂質の食材を摂るのが鉄則。栄養豊富な食べ物をお腹いっぱい食べましょう。

 

美しく痩せるためにはカロリー制限だけでは足りない

FNSではカロリー摂取を軽視しているわけではありません。1日の消費カロリーを大幅に越えるカロリーを摂取すれば、当然のことながら太ります。
しかし食物繊維やタンパク質をたくさん摂取することで自然に、カロリー摂取は抑えられます。

カロリーだけではなく、栄養まで目線を向けようとするダイエットがFNSなのです。「健康的に美しく痩せる考え」はこれからのダイエットのトレンドとなるでしょう。
あなたも、いち早くこの考えをダイエットに取り入れてみてはいかがでしょうか。