ダイエット記録のつけかたでモチベーションを操れる


ダイエットは自身でモチベーションを操ることが大切です。どんなに面白いことでも、簡単なことでも、毎日繰り返せば人間は飽きてきます。飽きても続けるためにはやる気が必用です。最もやる気をだす方法は結果を出すこと。見た目でも分かるほど痩せるまでには時間がかかり、結果が出るまでに大多数の人間が飽きます。なんとかする方法はないのでしょうか。

 

結果を出すためにモチベーションをあげる効果的な方法は、目に見える形で記録を残すことです。しかしただ記録をつけるだけではモチベーションはあがりません。今回はやる気を効果的に高める、ダイエット記録方法をご案内いたします。

 

 

見た目もきれいな塗り絵


ダイエット記録をシールや色ペンで可愛くデコりたいけど、不器用だからできない、という方におすすめの方法です。摂取カロリーを1000kcal以内に納めるや、30分のウォーキングに取り組むなど、決めていた毎日の目標が達成できたときに塗り絵に色を塗るようにします。

 

塗り絵であれば大きくはみ出したり、茶色や黒色など暗い色を使わない限り汚くなることはありません。きれいで色鮮やかな絵で、自分の達成したことを振り返ることができるのでやる気も高まります。子どもっぽい絵柄が嫌という方は、大人用の塗り絵に挑戦してみましょう。大人用の塗り絵サイトは数多くあり、気軽に印刷して使うことができます。

 

プリントアウトして楽しむサイト「もくもくん

 

ひたすらメモを取る


その日何を頑張ったのか、何に取り組んだのか、目標などを出来る限り詳細に書いて記録を残します。自分の気持ちや、何を頑張ったのか、振り返ることができるのでダイエットが失敗したさいの原因究明に使えます。3か月前、1年前の記録を読むと自分がどれだけ頑張ったか実感でき、気持ちが高まります。

 

難点は残した記録が分かりにくいこと。文字がずらっと書いてあるので、一目で結果が分かりません。記録に時間をかけるのが嫌という方にはおすすめできない方法です。

 

 

見えるところに記録する


最もやる気が高まるのはトイレやリビングなど自分がよく見る場所に、大きく記録を残す方法です。カレンダーに毎日〇を付ける方法でもよいですが、手作りのグラフを使えば一目で数日前の自分と現在の自分を比較することができます。

 

やはり一番やる気が出るのは他人からのほめ言葉です。家族と同居している場合、家族の目に入るところにグラフを張っておけば、ダイエットの経過を知らせることができます。結果が出れば褒めてくれるのでモチベーションも高まりますし、場合によっては食事などの面でダイエットに協力してくれます。

 

 

達成感を最も感じる方法を知る

人によって最も達成感を味わえる方法は違います。机のリモコンが等間隔に並んでいることに喜びを感じるタイプは、塗り絵で美しく記録をつけることに喜びを感じやすいです。

 

日記を書くことが好きなタイプは、ひたすら何を感じたのかメモを取る方法が喜びを感じやすいでしょう。また失敗にたいし工夫し解決していくことに喜びを感じるタイプもメモで記録を残すことをおすすめします。人に褒められるのが大好きな方は、家族も見えるところに記録を残しておいたらダイエットが続きやすくなります。

 

何に喜びを感じるか自身を観察し、ぴったりの記録のつけ方を見つけてみましょう。